So-net無料ブログ作成
検索選択
20世紀その他文学 ブログトップ

ピランデッロ短篇集 [20世紀その他文学]

 「月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集」
 ピランデッロ作 関口英子訳 (古典新訳文庫)


 おかしいのにどこか悲しく、死と狂気をひしひしと感じさせる短篇集です。
 作者はイタリア人劇作家で、1934年にノーベル文学賞を受賞しました。

 光文社古典新訳文庫から2012年に出ています。
 200篇以上の短編から15編が選ばれています。訳は分かりやすかったです。


月を見つけたチャウラ―ピランデッロ短篇集 (光文社古典新訳文庫)

月を見つけたチャウラ―ピランデッロ短篇集 (光文社古典新訳文庫)

  • 作者: ルイジ ピランデッロ
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/10/11
  • メディア: 文庫



 主人公の多くは、日常のひとコマで、突然あることに気付き驚愕します。
 自分は今まで自分の人生を生きてこなかった、自分は本当の自分ではない!

 こういう恐怖が、おそらく世界でいちばん怖い。
 では、その中で特に味わい深かった作品について、以下に紹介します。

 「手押し車」は、ある著名な弁護士の狂気を描いています。
 「わたし」は家の前で気付きます。ここに住んでいる男は自分ではない!

 「わたしは、これまでけっして生きたことなどなかった。一度だって人生
 に存在したことはなかった。」(P124)そして、ふとよぎる狂気・・・

 「自力で」は、3年前に破産して、死んだように生きる男の悲劇です。
 「いまの自分は、いったい誰なのか? 何者でもないではないか。」(P199)

 そして、ふと思います。自分はもう死んでいる、いるべき場所へ行こう!
 彼は、ある場所を目指して、ゆっくりと歩き始めます・・・せつない話です。

 ほか、「ひと吹き」(自分のあるしぐさで、次々に人が死んでいく)や、
 「フローラ夫人とその娘婿のポンツァ氏」(誰が嘘をついている?)や、
 「貼りついた死」(死が貼りついて離れない)など、傑作ぞろいです。

 ちょっと異色だったのは「甕」で、この作品だけは笑えました。
 親方はいかにして危機に陥り、いかにして危機から脱したのか?

 さて、解説によると、ピランデッロ自身、人生にとても翻弄されました。
 「人生はとても悲しい道化に似ている」とは、彼自身が放った名言です。

 ピランデッロの作品は、日本ではあまりお目にかかれませんでした。
 だからこの短篇集は、とても貴重な本だと思います。

 さいごに。(妹の話)

 熊本で被災した妹が、一時的に帰ってきました。
 避難所生活を体験した人でないと分からないような、貴重な話を聞きました。

 最も印象的だったのは、やることがないのがつらかったということです。
 余震におびえながら、何もできないでいるということが、とても苦痛だった、
 むしろ何か仕事を割り振られた方が、精神のバランスを保てたとのことです。

nice!(2)  コメント(0) 

アミ 小さな宇宙人 [20世紀その他文学]

 「アミ 小さな宇宙人」 エンリケ・バリオス作 石原彰二訳 (徳間文庫)


 一人の少年が、小さな宇宙人アミと交流を通して、様々なことを学ぶ物語です。
 作者はチリの作家。2000年に出て、爆発的に売れた小説です。

 徳間文庫から出ています。訳はとても分かりやすいです。
 しかも、さくらももこのかわいい挿し絵入りです。


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

  • 作者: エンリケ・バリオス
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2005/08/05
  • メディア: 文庫



 去年の夏、ベドゥリート少年は、海に落ちていくUFOを目撃しました。
 UFOに乘っていたのは、アミという小さな宇宙人でした。

 アミと交流しながら、ベドゥリートはさまざまなことを学びます。
 あるとき、少年はUFOに同乗して・・・

 私は7年前に、「星の王子さま」のような内容を期待して、この小説を読みました。
 しかし、かわいい挿し絵に騙されてしまった。宇宙人に違和感。

 「星の王子さま」は、姿も言葉も、ほんとうにかわいらしかった。
 「アミ」は、姿はかわいらしいのですが、言っていることは少ししゃらくさい。

 宇宙の基本は「愛」。その障害になっているのはエゴ。
 人類の進歩は、エゴを減らし愛を増やすこと。というお説教は、まだよい。

 自分たちの文明に比べて、地球はまだ未開状態にあるとか。
 地球は消滅の危機にある、だから救済計画に従って我々は行動しているとか。

 ずいぶん上から目線で偉そうです。
 「大きなお世話だ」と言いたくなります。

 また、価値観が偏っていて、自分の勝手な考えを押し付けるところもあります。
 猛獣や毒蛇は最も愛から遠いとか。肉食はダメだから、植物の実を食べるとか。

 見かけはかわいらしい少年。中身は口うるさいおじさん。
 アミは、「小さな宇宙人」というより、「小さな妖怪」でした。

 しかし、レヴューを読むと、「感動した」という感想が圧倒的に多いです。
 しかも、この小説を実話(!)として、受け取っている人までいます。

 軽い読み物として割り切れば、面白い作品かもしれません。
 しかし、内容には充分注意が必要だと、個人的には思いました。

 さいごに。(娘からのメール2)

 最近、仕事の関係で、帰宅が遅い日が続いています。
 娘から「早く帰ってきて」と言われると、全て投げ出して帰りたくなります。


nice!(1)  コメント(0) 

アルケミスト [20世紀その他文学]

 「アルケミスト」 パウロ・コエーリョ作 山川紘矢・山川亜希子訳 (角川文庫)


 夢で宝のありかを示唆された羊飼いの少年が、宝を探して旅をする物語です。
 ブラジル人作家コエーリョの代表作で、世界的なベストセラー小説です。

 角川ソフィア文庫から出ています。訳は分かりやすく活字も読みやすいです。
 以前は冴えないカバー絵でしたが、最近オシャレな絵になりました。


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

  • 作者: パウロ コエーリョ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: ペーパーバック



 旅好きなサンチャゴは、羊飼いとなってアンダルシアを歩いていました。
 あるとき不思議な夢を見て、ジプシー女に夢の解釈をしてもらいました。

 「おまえはエジプトのピラミッドに行かねばならない。・・・
 そこでおまえは宝物を見つけてお金持ちになるのさ。」

 偶然出会ったセイラム王メルキゼデックの言葉に、背中を押されました。
 そして、サンチャゴはアフリカに渡り、エジプトを目指しますが・・・

 少年は宝を見つけることができるか?
 その宝とは何だったか?

 10年ほど前に、わくわくしながら読みました。内容はスピリチュアルです。
 心に響く言葉が次々と現れます。はまってしまう人は多いでしょう。

 「おまえが何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するため
 に助けてくれるのだよ」(P29)

 「誰もが理解できたのに、今はもう忘れられてしまった『宇宙のことば』
 があるんだ。僕はその『宇宙のことば』を探しているんだよ。」(P83)

 このような言葉は、私たちに勇気を与えてくれます。
 この本が多くの人々に愛され読まれ続けている理由が、よく分かります。

 作者パウロ・コエーリョは、ブラジルで現在も活躍している作家です。
 「アルケミスト」など、自身の放浪の旅をもとに描いた作品が多いです。

 彼は、学業を放棄して旅に出たり、仕事を放棄して旅に出たりしています。
 ついでながら、反政府活動者と疑われて、投獄されたこともあります。

 「アルケミスト」のほか、「星の巡礼」「ベロニカは死ぬことにした」
 「11分間」など、多くの作品が角川文庫から出ています。


星の巡礼 (角川文庫)

星の巡礼 (角川文庫)

  • 作者: パウロ・コエーリョ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1998/04
  • メディア: 文庫



ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)

ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)

  • 作者: パウロ コエーリョ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/04/25
  • メディア: 文庫



11分間 (角川文庫)

11分間 (角川文庫)

  • 作者: パウロ・コエーリョ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: 文庫



 さいごに。(48歳に)

 48歳になりました。夕飯はステーキ。
 お祝いに、娘と妻が、私の大好物であるロールケーキを作ってくれました。

P1070734-2.jpg
P1070741-2.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

シートン動物記 [20世紀その他文学]

 「シートン動物記 狼王ロボ」 シートン作 藤原英司訳 (集英社文庫)


 「狼王ロボ」「灰色グマワーブ」など、児童小説としておなじみの動物物語集です。
 シートンは、作家としてはもちろん、画家として、博物学者としても活躍しました。

 集英社文庫から出ています。訳はとても分かりやすいので、オススメです。
 所々に、シートン自身による挿絵が入っていて、嬉しいです。全3巻です。


狼王ロボ シートン動物記 (シートン動物記) (集英社文庫)

狼王ロボ シートン動物記 (シートン動物記) (集英社文庫)

  • 作者: アーネスト・T・シートン
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/06/26
  • メディア: 文庫



愛犬ビンゴ―シートン動物記 (集英社文庫)

愛犬ビンゴ―シートン動物記 (集英社文庫)

  • 作者: アーネスト・T. シートン
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 文庫



ぎざ耳ウサギの冒険―シートン動物記 (集英社文庫)

ぎざ耳ウサギの冒険―シートン動物記 (集英社文庫)

  • 作者: アーネスト・T. シートン
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 文庫



 「狼王ロボ」は、コランポーで暴虐の限りを尽くしていた、狼のロボの物語です。
 ロボは王様と呼ばれ、その首には千ドルもの賞金が掛けられていました。

 あるときシートンは、友人に頼まれて、ロボの捕獲に乗り出しますが・・・
 ロボを罠に掛けたときの、シートンの気持ちは複雑でした・・・

 「狼王ロボ」は、シートンの実際の体験をもとに描かれた傑作です。
 臨場感があります。ロボの写真も挿入されていて、興味深いです。

 「灰色グマの伝記」は、伝説的な灰色グマのワーブの物語です。
 シートンが山男たちから聞いた話で、これもまたよく知られた物語です。

 私は小学校のときこの物語を読んで、ワーブに完全に感情移入しました。
 最後は、ワーブがかわいそうで、かわいそうで・・・

 シートンの作品からは、人間の文明に対する批判が感じられます。
 銃や罠などを使い、野生を追い詰めていくことに対する反省が感じられます。

 それが最もよく表れているのが、「サンドヒルの雄ジカ」です。
 主人公のヤンは、たびたび自分の狩猟に対して、疑問を抱きます。

 「輝くばかりの美しさに包まれた生き物を、死の苦しみにもだえさせ、
 あげくのはてに、このようなみにくい腐肉の塊に変えることが、
 自分のほんとうの目的だったのだろうか。」(P236)

 この物語のラストは、感動的でした。
 そして、いろいろと考えさせられました。

 さて、集英社文庫から、シートン動物記は、全3巻で出ています。
 私が読んだのは、「ロボ」と「ワーブ」が収録されている「狼王ロボ」だけ。

 というのも、「シートン動物記」は、昔、絵本で読んだ時の感動が強すぎるから。
 図書館で借りてきて、娘と一緒に読みたいです。


絵本版シートン動物記 おおかみ王ロボ (シートン動物記 絵本版)

絵本版シートン動物記 おおかみ王ロボ (シートン動物記 絵本版)

  • 作者: 小林 清之介
  • 出版社/メーカー: ひさかたチャイルド
  • 発売日: 2009/02/01
  • メディア: 大型本



 さいごに。(今年のサッカーは1回戦で終了)

 毎年恒例の、職場のサッカー大会は、今年からトーナメント制になりました。
 われらのチームは1回戦0-4で負けて、あっさり1回戦で敗退。

 他の選手の代わりに、初めてディフェンスをやりましたが、良いところ無し。
 走れば転ぶし、起き上がればまた転ぶし・・・

nice!(2)  コメント(0) 

バラバ [20世紀その他文学]

 「バラバ」 ラーゲルクヴィスト作 尾崎義(よし)訳 (岩波文庫)


 イエスの代わりに釈放されたバラバの、その後を描いた物語です。
 スウェーデンのノーベル賞作家ラーゲルクヴィストの代表作です。

 岩波文庫から出ています。1953年の訳で、言葉遣いは少し古いです。
 重版されて出ている今が、購入のチャンス。またいつ無くなるやら。


バラバ (岩波文庫)

バラバ (岩波文庫)

  • 作者: ラーゲルクヴィスト
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1975/12/16
  • メディア: 文庫



 過ぎ越し祭の恩赦で釈放されたのは、意外にも極悪人のバラバでした。
 ゴルゴタの丘の十字架で、死んでいくのは、罪のないイエスです。

 バラバはなぜか、イエスから目をそらすことができませんでした。
 そして、イエスの死ぬ瞬間、丘全体が暗闇に包まれるのを見たのです。

 その日からバラバは、イエスの磔刑の意味を考え始めました。
 彼は神の子だったのか? なぜ、進んで苦しみを受けたのか?

 バラバの人生は、すっかり変わってしまいました。
 そして、ローマの大火では、実に皮肉な展開が・・・

 バラバの視点で、キリストの意味を考えているところがユニークです。
 ただし、文化の違う我々には、少し分かりにくい。

 第一、「バラバ」と言われてピンとくる日本人は少ないのではないか。
 ウルトラマンAに出てきた怪獣バラバを、思い浮かべる人の方が多いかも。
 (怪獣バラバも、極悪人バラバから名前を取ったのだそうです)

 しかし、大戦後のヨーロッパで、この作品はたいへん注目されました。
 作者はノーベル賞を受賞し、映画にもなりました。

 さいごに。(オトキソ・シーズン3終了)

 大好評のEテレ「大人の基礎英語」の、シーズン3が終了しました。
 最後は、なんと! ミカとジョーに2人の子どもができていました。

 これで、ミカとジョーの恋愛ドラマは、結末を迎えてしまいました。
 シーズン4は無いか? それとも、別のドラマが始まるのか?

nice!(1)  コメント(0) 

やし酒飲み [20世紀その他文学]

 「やし酒飲み」 エイモス・チュツオーラ作 土屋哲訳 (岩波文庫)


 死んだ「やし酒造り」を探して、死者の国に旅する男とその妻の物語です。
 アフリカ文学の傑作です。作者はナイジェリア人ですが、作品は英語です。

 2012年10月に、岩波文庫から出たばかりですが、新訳ではありません。
 土屋訳は、1970年に晶文社から出たものですが、分かりやすかったです。


やし酒飲み (岩波文庫)

やし酒飲み (岩波文庫)

  • 作者: エイモス・チュツオーラ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2012/10/17
  • メディア: 文庫



 10歳からやし酒を飲み始めた「わたし」は、一日中やし酒を飲んで暮らしていた。
 ところがある日、やし酒造りが、やしの木から落ちて、死んでしまいました。
 「わたし」は、死んだやし酒造りを探して、旅立ちますが…

 「わたし」は、魔術者的な存在です。ジュジュというものを使って、変身します。
 妻は、預言者的な存在です。彼女の言うことは、様々な形をとって、実現します。

 この二人の行く先々に現れるのは、様々な怪物たちです。
 死神、頭ガイ骨、親指から生れた赤ん坊、精霊、赤い化け物、赤ん坊の死者・・・
 読むだけで、酔っ払ってしまいそうです。

 この荒唐無稽な物語は、ヨルバ人の伝承に基づいているのだそうです。
 そして、この素朴で神話的な世界観が、高く評価されています。

 しかし私の印象は、ただのヘンな話。でも、それでいいじゃありませんか。
 文学的価値を探したりしないで、割り切って、アフリカ的な世界を味わいましょう。

 例えば、赤い町における冒険は、実に面白かったです。
 その町に入ると、赤い住人と赤い王様が、なぜかとても喜んで迎えてくれました。

 赤い王様は言います。三日後に、赤い化け物が来て、人身御供を要求する。
 誰もいけにえになりたがらないから、あなた、いけにえになってくれ、と。

 「冗談じゃない!」と言うべきところを、なんと「わたし」は、承知するのです。
 というのも、「わたし」は既に、「死」を売ってしまって、死ぬことができないから。

 実はそれ以前、「死」をお金に買えて、そのお金を賭博で無くしていたのです。
 その後、「死」を取り戻そうとしましたが、返してもらえませんでした。(!)
 さて、こうして、赤い化け物との戦いに挑みますが…

 作者エイモス・チュツオーラは、とても苦学して、学問を身につけた人です。
 「やし酒飲み」で国際的に有名になり、ナイジェリアの英雄となりました。

 さいごに。(お酒)

 私にとって、お酒は恐ろしいものです。職場の忘年会で、ビールをコップに
 二杯飲んだら、翌日の夕方まで、コメカミがズキズキと痛くて苦しみました。

 それで、新年会などでも、全くお酒を飲んでいません。
 この時期、飲める人が、ちょっとうらやましく感じられます。

nice!(1)  コメント(0) 

ロボット [20世紀その他文学]

 「ロボット」 チャペック作 千野栄一訳 (岩波文庫)


 ロボットに労働を押し付けていた人類が、かえってロボットに追い詰められる物語です。
 チャペックを代表するSF劇で、「ロボット」という語を広めた作品です。

 現在、岩波文庫で読むことができます。
 訳は分かりやすくて、所々に初演の時の写真が入っていて、楽しいです。


ロボット (岩波文庫)

ロボット (岩波文庫)

  • 作者: カレル・チャペック
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/03/14
  • メディア: 文庫



 人類は、ロボットを大量生産して、自分たちの代わりに、労働させています。
 心が無くて感情が無いロボットは、人類にとって利用価値の高いものでした。

 やがて、大量のロボットが世界にゆきわたり、軍事用に開発されたものまで現れると、
 ロボットたちは団結し、武器を取り、人類に対して反乱を起こし・・・

 よく知られたストーリーです。
 はたして機械文明は、本当に人類を幸せにするのか、と考えさせられます。

 一方、労働から解放された人類は、繁殖できなくなってしまいます。
 労働は生きるためには必要なものということか?
 人類のあり方についても、また考えさせられます。

 ところで、これは戯曲です。
 いったいどのように、ロボット役は演じられたのか?
 気になっていたのですが、ちゃんと写真が収録されていました。(P33・P185)

 ロボットといっても、人造人間であって、我々のイメージとは違います。
 むしろ、フランケンシュタインに近いでしょうか。

 さいごに。(ボルトのオリンピック)

 今、4×100mリレーが終わったところで、ジャマイカが世界新での優勝。
 100mと200mと合わせて、ボルトは、二大会連続三冠!
 ボルトだけはライブで見たため、ボルトが登場すると寝不足になりました。

 日本チームもよく走りました。5位入賞は立派。
 しかも、まだまだこれから速くなりそうなチームです。

 ところで、私は明日13日から15日まで、東京へ出張です。
 毎年この時期に、大事な出張が入ってしまいます。

nice!(0)  コメント(0) 

山椒魚戦争 [20世紀その他文学]

 「山椒魚(さんしょううお)戦争」 チャペック作 栗栖継訳 (岩波文庫)


 二本足で歩く山椒魚を、奴隷化した人類が、かえって山椒魚に追い詰められる物語です。
 チャペックはチェコのSF作家。「ロボット」という語を生み出したことで有名です。

 現在、岩波文庫やハヤカワ文庫などで読むことができます。
 岩波文庫版が最新のものらしいので、私は岩波文庫版で読みました。
 訳は分かりやすかったです。訳注や解説などが80ページほどあり。(読まないって)


山椒魚戦争 (岩波文庫)

山椒魚戦争 (岩波文庫)

  • 作者: カレル チャペック
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/06/13
  • メディア: 文庫



 「魔の入り江」と呼ばれた場所には、魔物がいると言われていました。
 その魔物とは、二本足で歩き、知能を持つ山椒魚でした。

 人類は、山椒魚たちを手なずけて、言葉を教え、彼らを利用するようになりました。
 やがて山椒魚たちは、捕獲され、奴隷化され、売買されるようになります。

 人類の欲望は、とどまるところを知らず…
 そして、山椒魚たちはどんどん繁殖して、やがて反乱を起こし…

 私は、1か月以上をかけて読んできた「戦争と平和」の印象が、あまりにも強烈だったため、
 今は何を読んでも刺激を受けないと思っていましたが、予想以上に刺激的な作品でした。

 作者がはしがきで書いているとおり、構成が普通ではありません。
 物語のほか、新聞記事や議事録やそのコメントや旅行記やらが、ごちゃ混ぜ状態です。

 特に「第二部 文明の階段を登る」は、読んでいて頭がクラクラしてきました。
 (正直に言うと、ちょっと読み飛ばしちゃいました。)

 最後は気になる終わり方をしています。
 読み終わったあと、山椒魚が不気味な生き物に見えてきます。

 さて、作者チャペックは、なんといっても戯曲「ロボット」で有名です。
 この作品と同じく、人類が、利用していたものに、逆に追い詰められるという展開です。


ロボット (岩波文庫)

ロボット (岩波文庫)

  • 作者: カレル・チャペック
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/03/14
  • メディア: 文庫



 さいごに。(サンチェスに感動)

 オリンピックは、毎日録画で楽しんでいます。
 400mハードルでは、35歳のサンチェスが、まさかの(失礼)金メダル!
 終盤に、年齢を感じさせない、驚異の粘りを見せて、見事に競り勝ちました。

 彼は、ここ数年は低迷していたため、「過去の人」だと思っていました。
 準決勝でいい走りをしたけど、だからこそ決勝では余力が無いと思っていました。
 ゴールしたあと、彼は思わず吠えていましたが、気持ちが分かります。感動した!

nice!(1)  コメント(0) 
20世紀その他文学 ブログトップ