So-net無料ブログ作成
20世紀ロシア文学 ブログトップ

ドクトル・ジバゴ1 [20世紀ロシア文学]

 「ドクトル・ジバゴ(上)」 パステルナーク作 江川卓訳 (新潮文庫)


 革命期の混乱したロシアを舞台に、医師ジバゴとラーラの運命を描いた物語です。
 ソ連で発禁処分となりましたが、国際的に評価されてノーベル賞を受賞しました。

 新潮文庫から上下二分冊で出ていました。現在は品切れで、古本は高値です。
 訳者は江川卓。とても分かりやすく訳されています。また、カバーがカッコいい。


ドクトル・ジバゴ〈上巻〉 (新潮文庫)

ドクトル・ジバゴ〈上巻〉 (新潮文庫)

  • 作者: ボリス・パステルナーク
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1989/04
  • メディア: 文庫



ドクトル・ジバゴ〈下巻〉 (新潮文庫)

ドクトル・ジバゴ〈下巻〉 (新潮文庫)

  • 作者: ボリス・パステルナーク
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1989/04
  • メディア: 文庫



 ユーラ・ジバゴは、母と父を亡くし、モスクワのグロメコ家に引き取られました。
 ジバゴは医学を学び、青春を共に過ごしたグロメコ家のトーニャと結婚しました。

 しかし、息子が生まれてすぐに、ジバゴは野戦病院で働くように命じられま した。
 そして退却中、ある病院で出会った看護婦は、かつて見知っていたラーラでした。

 ラーラ・ギシャールは、母親の恋人コマロフスキーと、関係を持っていました。
 人生を清算し、泥沼から抜け出し、自分を愛してくれるパーシャと結婚しました。

 しかし、娘が生まれてすぐに、パーシャは志願して前線に行ってしまいました。
 消息を絶った夫を探しに、前線へ赴いたときに出会った医師が、ジバゴでした。

 こうして、ジバゴとラーラの人生が、ようやく交差しました。
 そして、その間に、ロシア革命が起こったのです・・・

 現在、上巻を読み終えて、「あれ?」と思っています。
 ジバゴとラーラは出会いましたが、その関係はなかなか発展しません。

 そういえば、ジバゴ一家が向かった土地は、ラーラにゆかりのある土地でした。
 下巻での展開が気になりますが、最近なかなか読む時間が取れなくて・・・

 ところで、「ドクトル・ジバゴ」を勧めてくれたのは、我が妻でした。
 といっても彼女が勧めてくれたのは、オマー・シャリフ主演の映画の方です。

 この映画は、名作中の名作として、知られています。長すぎるのが難点ですが。
 妻と一緒に見る約束をしましたが、その前に原作を読み終えたいです。

 ここまで読んで、トルストイの「戦争と平和」のようだと思いました。
 これはロシアを舞台にした一大叙事詩で、戦争の代わりに革命があります。

 この作品は、ジバゴとラーラの愛の物語、と紹介されることが多いです。
 しかし、パステルナークはむしろ、革命の様子を書き残したかったようです。

 「旧国家の圧制を抜け出してみたら、そこに待っていたのは、新しい革命政府の
 以前に倍する、超国家的ともいえる圧迫じゃありませんか。」(P388)

 「ぼくに言わせれば、マルクス主義ぐらい自己閉鎖的で、あれくらい事実から
 遊離している思想はほかにありませんね。」(P449)

 この作品はロシア革命に批判的だという理由で、ソ連では発禁処分になりました。
 さらに、ノーベル賞を受賞したものの、ソ連共産党によって辞退させられました。

 そういうソ連時代のエピソードも含めて、歴史的な意味を持っている作品です。
 現在品切れでとても手に入りにくい本です。常時手に入るようにしてほしいです。

 さいごに。(目指せ漢字100点)

 娘が、学校の漢字テストで100点を目指して勉強していました。
 「100点取ったら、ママがハーゲンダッツを買ってくれるって」とのこと。

 私も娘を応援しています。
 うちでそのような高級アイスを買うことなど、めったに無いことなので。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

絶望 [20世紀ロシア文学]

 「絶望」 ナボコフ作 貝澤哉(かいざわはじめ)訳 (古典新訳文庫)


 自分そっくりの男に出会った主人公が、完全犯罪を目論む物語です。
 ナボコフがアメリカ移住前に、ロシア語で書いた初期の作品です。

 2013年に古典新訳文庫から出ました。
 この作品のロシア語原典訳は、日本初だそうです。


絶望 (光文社古典新訳文庫)

絶望 (光文社古典新訳文庫)

  • 作者: ウラジーミル ナボコフ
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2013/10/08
  • メディア: 文庫



 チョコレート工場を営むゲルマンは、プラハで自分に瓜二つの男と出会いました。
 その男の名はフェリックス。浮浪者です。

 フェリックスに会った直後、ゲルマンは完全犯罪を思いつきました。
 一方、工場の経営はうまくいかず、妻との生活も面白くありません。

 ゲルマンは、計画を実行するため、再びフェリックスに接触して・・・
 これで、うまくいったと思いきや・・・

 本文はゲルマンの一人称で、話は思いつくままにあちこち に飛びます。
 しかも、どうもゲルマンの言ってる内容が、信用できない感じがする。

 更に、ナボコフ一流の言葉遊びが入り込むので、理解しにくかったです。
 ナボコフは「言葉の魔術師」と言われますが、翻訳には苦労したでしょう。

 ところで、作品のタイトルは「絶望」です。
 最初から、悲劇的な結末が充分予想されます。

 が、それにしても、結末は意外でした。まさか、そう来るとは!
 というか、そんなのありか?!

 解説に書いてあるとおり、確かに映画では、こういう騙し方はできません。
 小説というものの特性を、考えさせられるような作品でした。

 さて、古典新訳文庫からは、「カメラ・オブスクーラ」も出ています。
 名作「ロリータ」の原型とも言われている作品です。読んでおきたいです。


カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫 Aナ 1-1)

カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫 Aナ 1-1)

  • 作者: ナボコフ
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2011/09/13
  • メディア: 文庫



 それから、ナボコフといったら「ロリータ」。いつか読まなくては。
 「絶望」など初期作品に比べて、ずっと難解で読みにくいのだそうです。


ロリータ (新潮文庫)

ロリータ (新潮文庫)

  • 作者: ウラジーミル ナボコフ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/10/30
  • メディア: 文庫



 さいごに。(25m失敗)

 娘の水泳教室でテストがありましたが、25m泳ぐことに失敗しました。
 実は、これで3回目の失敗です。練習ではちゃんと泳げているのですが。

 呼吸が苦しくて、途中で立ってしまったのだそうです。
 一番悔しいのは、娘自身だと思いますが。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

われら [20世紀ロシア文学]

 「われら」 ザミャーチン作 川端香男里訳 (岩波文庫)


 全ての国民が統制されている「単一国」を描いた、アンチ・ユートピア小説です。
 「もっとも悪質な反ソ宣伝の書」と言われ、作者は亡命を余儀なくされました。

 岩波文庫から、昨年11月に復刊され、読むことができるようになりました。
 川端訳はテンポ良く訳されていて、原文の緊張感をうまく伝えています。


われら (岩波文庫)

われら (岩波文庫)

  • 作者: ザミャーチン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1992/01/16
  • メディア: 文庫



 舞台は、数世紀後の世界です。
 D-503号と呼ばれる数学者の、覚え書という体裁をとっています。

 「単一国」では、何百万人の人々が、時間立法表に従って、同じ生活をしています。
 個人はナンバーで呼ばれ、自由時間は、日に2回の個人時間のみ。
 しかも、住居はガラス張りで、守護者と呼ばれる人々に、常に監視されています。

 例えば、恋人と夜の時間を過ごすには…
 性規制局によって決められたセックス・デーに、恋人をあらかじめ予約しておき、
 当局からピンク・クーポンを受け取り、ブラインドを降ろす許可をもらうのです!

 そして、こういう束縛された生活を、D-503号は褒めたたえているのです。
 そこが、実に面白い。例えば、54ページ。

 「飛行機の速度=0なら、飛行機は動かない。
  人間の自由=0なら、人間は罪を犯さない。それは明白である。
  人間を犯罪から救い出す唯一の手段は、人間を自由から救い出してやることである。」

 完全に統制されたこの世界に、魂という語はすでにありません。
 「われ」という個人はなく、人々は「われら」という一まとまりでくくられています。

 しかし、D-503号は、あるとき、I-330号という魅力的な女性に出会います。
 そして、少しずつ「われら」から外れていって…

 さて、覚え書には、時々飛躍があったり、幻想が錯綜していたりします。
 正直に言って、「覚え書34」の内容は、よく分かりませんでした。

 それでも、最後までいっきに読ませます。名作です。
 この本を、今後二度と、品切れにしてはいけませんよ。

 さいごに。(デザートタイム)

 夕食後のデザートタイムで、お年賀でもらったお菓子を、少しずつ食べています。
 お菓子は、夕食を食べ終わってから、出すことになっています。
 しかし、私は昨日、娘の食事が終わらないうちに、お菓子を出してしまいました。

 そのお菓子が、とてもおいしそうだったので、娘は興奮して味噌汁をひっくり返し…
 妻は怒るし、娘は泣くし…

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
20世紀ロシア文学 ブログトップ