So-net無料ブログ作成
検索選択
中世文学 ブログトップ
- | 次の10件

ベーオウルフ [中世文学]

 「ベーオウルフ」 忍足(おしたり)欣四郎訳 (岩波文庫)


 スカンジナビアを舞台に、英雄ベーオウルフの活躍を描いた叙事詩です。
 8世紀から9世紀に書かれた、中世イギリス英雄叙事詩です。 

 現在、岩波文庫から出ています。1990年に出た比較的新しい訳です。
 読みやすくする工夫が、随所に盛り込まれています。


ベーオウルフ―中世イギリス英雄叙事詩 (岩波文庫)

ベーオウルフ―中世イギリス英雄叙事詩 (岩波文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/08/16
  • メディア: 文庫



 デンマーク王フロースガールの宮殿に、怪物が襲来して人々を殺戮しました。
 その怪物は、カインの末裔グレンデル。そのまま館を占拠してしまいました。

 怪物を倒すために海を越えてきたのが、イェーアト族の勇士ベーオウルフです。
 その晩さっそくグレンデルが襲来し、従者を一人食い殺しますが・・・

 という具合で、内容的にはファンタジーに近いです。
 ベーオウルフは理想的に描かれ、美化されています。

 相手は化け物だから、武器など持ちません。素手で人を引きちぎります。
 でもベーオウルフは言います。相手が素手なら、自分も素手で戦うと。 

 むちゃですよ、そんなの。でも、やっちゃうんですよね。
 そして、もちろん、勝ってしまう。そういうところが、ファンタジー。

 さて、訳は口語ですが、古語が多用されているため、最初は読みにくい。
 この訳を、更に分かりやすく口語訳してくれ、と思ってしまいます。

 「劫罰を負うた生き物、獰猛にして貪婪(どんらん)なる荒ぶる者は、凶暴残忍
 の形相凄じく、やにわに臥所(ふしど)より三十人の従士を摑み取った」(P26)

 これは、グレンデルの悪行の場面です。全体がこんな感じです。
 しかし慣れてくると、このリズムがとても心地良い。名訳かもしれません。

 この本について言うと、とても親切で丁寧な本づくりがされています。
 前書きで物語の概略が述べられているし、各節冒頭にもあらすじがあります。

 ところで、この作品の舞台はスカンジナビア。だから北欧神話と言ってもいい。 
 でも、イギリスで書かれ、イギリス文学として残っています。

 おそらく、ゲルマン民族の移動の時に、イギリスに入ってきたのでしょう。
 ゲルマン系のヴァイキングたちが、持ち込んだのでしょうか。

 さいごに。(今日からキャンプ)

 今日から、キャンプに行きます。天気が少し心配です。
 今年はトレーラーハウスに2泊します。月曜日は有休を取りました。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:

神曲2 [中世文学]

 「神曲・煉獄篇」「神曲・天国篇」 ダンテ作 平川祐弘訳 (河出文庫)


 地獄篇に続く第二部は、罪を浄めるための煉獄(れんごく)篇です。
 完結編の第三部は、ベアトリーチェに導かれて行く天国篇です。

 現在、河出文庫、集英社文庫、岩波文庫などで、読むことができます。
 オススメは、もちろん河出文庫版です。
 訳がとても分かりやすくて、ドレの挿絵は本当にすばらしいです。


神曲 煉獄篇 (河出文庫 タ 2-2)

神曲 煉獄篇 (河出文庫 タ 2-2)

  • 作者: ダンテ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2009/01/26
  • メディア: 文庫




神曲 天国篇 (河出文庫 タ 2-3)

神曲 天国篇 (河出文庫 タ 2-3)

  • 作者: ダンテ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2009/04/03
  • メディア: 文庫



 煉獄の山に入ると、ダンテは天使によって、額に七つのPを刻まれます。
 七つのPは、七つの大罪を表しています。
 それは、高慢、嫉妬、怒り、怠惰、貪欲、大食、色欲です。

 煉獄では、これらの罪を浄めるために、例えば大岩を背負って歩いていたり、
 腹這いになって歩いていたり、まぶたを針金で縫い付けられていたりします。
 悲惨ではあるけど、地獄篇の刑に比べると、ずいぶん甘くなっています。

 罪を浄める人々を巡るうちに、ダンテの額の刻印は、一つずつ消えて行きます。
 そして、猛火の中を通り抜けると、永遠の女性ベアトリーチェに再会します。
 この場面は、「神曲」のひとつのクライマックスでしょう。

 しかしこの再会で、ダンテはベアトリーチェに責められるのです。
 おそらくダンテは、自分の最愛の人に、こうして叱られたかったのでしょう。
 でも、ベアトリーチェの言っていることは、ちょっと自分勝手なような・・・

 ここでウェルギリウスと別れ、ベアトリーチェに導かれて、天国へ昇ります。
 ここからが天国篇です。
 水星天、金星天、太陽天と順次昇りながら、様々な聖人たちの話を聞きますが・・・

 どうも聖人の話は、理屈っぽくて、説教臭いです。
 愛とか、魂とか、信仰とかの、ありがたいお話ですが、私は読み飛ばしましたよ。
 地獄の亡者たちの方が、話は面白かったです。

 さて、「神曲」三巻を通して、最も興味深いのは、ベアトリーチェの存在です。
 二人は同い年です。ダンテが9歳の時、ベアトリーチェを初めて見て憧れます。
 そして、18歳のとき、彼女はダンテに会釈してくれました。

 ただそれだけのこと。
 しかし、24歳でベアトリーチェが死ぬと、彼女はダンテの中で神格化されます。
 もう、ただの憧れではありません。崇拝の対象になってしまったのです。

 ベアトリーチェは、天国の、最高の場所に座を占めています。
 彼女が、いったいどのような功徳を積んだのかは、書いてありません。
 ダンテにとって、彼女は無条件で、最高の天使だったということか。

 ダンテは「神曲」より先に、ベアトリーチェに捧げた詩をまとめています。
 それが、ダンテのもう一つの名作「新生」です。
 しかし、この本が、現在なかなか読めません。新訳を出してほしいです。

 ところで、「神曲」三巻を通して、ガイドの役目を果たしてくれる本がこれ。
 以前、このブログでも紹介しました。
 http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2011-02-10

やさしいダンテ<神曲> (角川文庫)

やさしいダンテ<神曲> (角川文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/01/25
  • メディア: 文庫



 また永井豪も、「神曲」をマンガ化しています。
 永井は、「デビルマン」や「マジンガーZ」や「キューティーハニー」の作者。

 2分冊ですが、アマゾンで1円と3円で出ていたので、買ってしまいました。
 送料を入れて504円です。
 なかなかリアルで、迫力のある絵でした。内容も分かりやすいです。


ダンテ神曲 (上) (講談社漫画文庫)

ダンテ神曲 (上) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 永井 豪
  • 出版社/メーカー: コミックス
  • 発売日: 1998/05
  • メディア: 文庫



 余談ですが、「神曲」におけるあの世の描写が、あまりにもリアルなので、
 「ダンテは実際に、あの世に行ったのだ」という解釈が、昔からあります。
 ダンテは、神秘体験者だったのでしょうか。

 さいごに。

 「日本辺境論」の内田樹(たつる)氏の講演を、聞きました。
 本は異界への扉であり、読書は異界と接する行為なのだそうです。
 そして人は、異界と触れ合うことで、成長するのだそうです。なるほど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

神曲 [中世文学]

 「神曲・地獄篇」 ダンテ作 平川祐弘訳 (河出文庫)


 古代ローマの詩人に導かれて、地獄を巡る物語です。
 「神曲」は、イタリア文学最大の古典と言われています。

 現在、河出文庫、集英社文庫、岩波文庫などから出ています。
 私のオススメは、なんといっても、河出文庫版です。


神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1)

神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1)

  • 作者: ダンテ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2008/11/04
  • メディア: 文庫



 かつて軽い気持ちで、岩波文庫版「神曲」をかじって、手ひどくやられました。
 訳の格調が高すぎて、全く意味が分からず、数ページで挫折しました。

 しかし、河出文庫版の平川訳は、拍子抜けがするほど分かりやすかったです。
 しかも、ドレの芸術的な挿し絵を、多数収録しています。
 「神曲」は、これが決定版でしょう。

 一方、集英社文庫ヘリテージシリーズ版という選択肢もあります。
 寿岳訳は比較的分かりやすく、詩人ブレイクの挿し絵を多数収録しています。
 また、脚注がそのページの下にあるので、見やすいです。


神曲 地獄篇 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

神曲 地獄篇 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

  • 作者: ダンテ・アリギエーリ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/01/17
  • メディア: 文庫



 「人生の道の半ばで
  正道を踏みはずした私が
  目をさました時は暗い森の中にいた。」(P8)

 ワクワクしてくるような、魅力的な冒頭句です。
 実際に、どんな冒険小説にも負けない冒険が、ここから始まります。

 時は西暦1300年。ダンテは35歳。
 やがてダンテの前に、尊敬するローマ詩人ウェルギリウスが登場します。
 彼に、ダンテの案内を頼んだ人は、なんと…

 「神曲」は、「地獄篇」「煉獄篇」「天国篇」の三部構成です。
 その中で、最も印象に残るのは、やはり「地獄篇」でしょう。
 ダンテによる地獄の描写は、ドレの絵とともに有名です。

 釜ゆでがあり、氷漬けがあり、様々な刑があります。
 頭を切られて、前後さかさに付けられて、後ろ向きに歩いている人々や、
 首を切られて、頭をちょうちんのように、手にぶらさげて歩く人などもいます。

 しかし最悪は、糞尿中に漬けられて、クソまみれの爪で体をかきむしる人々!
 おべんちゃらを言うと、このような刑にあうらしいです。
 (おべんちゃらを言うのは、絶対やめようと思う)

 マホメットは、かわいそうに、体が真っ二つに裂けています。

 「彼は頤(おとがい)から屁をひるところまで裂けているのだ。
  脚の間には大腸がぶらさがり、
  呑み込んだ食物(くいもの)を糞(くそ)にする
  不潔な胃袋やはらわたも見えた。」(P370)

 これはひどい。
 イスラムで「神曲」が禁書になっているのは、無理もありません。

 ところで、作者ダンテは、イタリアを代表する大詩人です。
 ベアトリーチェに対する崇高な愛が、「神曲」を生んだという話は有名です。

 しかし、彼女とは、ろくに口を利いたことが無いとか。
 だからこそ、ベアトリーチェは、ダンテの中で神格化されたのでしょうか。

 「神曲」完成は1300年代初頭だから、マキアヴェッリより200年も前です。
 ダンテもまた、フィレンツェの出身です。
 フィレンツェは、ダンテの時代に始まり、マキアヴェリの時代に終わりました。

 さいごに。

 3日間の出張が終わりました。東京は暑かったです。ばてました。
 昨日は、お休みを取って、一日中、家族三人でごろごろしていました。

 次の日曜日には、仕事で必要な資格試験があります。
 落ちることが許されない試験なので、ぼんやりできません。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

ニーベルンゲンの歌 [中世文学]

 「ニーベルンゲンの歌」 石川栄作訳 (ちくま文庫)


 英雄ジークフリートの死と、その妻クリームヒルトの復讐劇です。
 古代ゲルマン人の精神を伝える英雄叙事詩で、ドイツ古典文学の傑作です。

 この作品は、これまで岩波文庫でしか読めませんでした。
 この4月に、ちくま文庫から新訳が出されて、選択肢が広がりました。
 
 岩波文庫版は、とても格調高くて、定評がありました。これまでの定番です。


ニーベルンゲンの歌〈前編〉 (岩波文庫)

ニーベルンゲンの歌〈前編〉 (岩波文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1975/01
  • メディア: 文庫



 ちくま文庫版は、注がそのページにあり、とても読みやすいです。
 私の本棚に並んでいるのは、こちらです。


ニーベルンゲンの歌 前編 (ちくま文庫)

ニーベルンゲンの歌 前編 (ちくま文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2011/04/08
  • メディア: 単行本



 「ニーベルンゲンの歌」は、1200年頃に成立した叙事詩です。
 古代のブルグント国を舞台にした、英雄物語です。

 「ニーベルンゲン」は、「霧の人々」の意味で、伝説の小人族の名称です。
 彼らの持つ財宝には、不思議な霊力があると言います。

 その財宝を継承した者は、国を支配できるのです。
 しかし、やがては必ず滅び、全ては霧のように消えてしまうのだそうです。

 この、「必ず全てが霧消する」という所が、ミソです。
 まさに、この作品のテーマそのものです。

 さて、この作品の魅力は、ダイナミックな展開と、力強い人物像です。
 (ギリシア悲劇のようです)
 読んでいて、古代ゲルマン人のエネルギーを感じます。

 物語の前半は、伝説の英雄ジークフリートの活躍と死です。
 ニーベルンゲンの財宝を持つゆえの、逃れられない宿命が心に染みます。

 しかし、更に強烈で、私にとって魅力的だったのは、後半の復讐劇です。
 特に、クリームヒルトの変身ぶりには驚きました。

 ジークフリートの妻クリームヒルトは、前半、美しくも弱き女性でした。
 悪役ハーゲンによって、夫を失い財産も奪われた、悲劇のヒロインでした。

 その彼女が、後半、執拗に復讐を企てる悪女として登場します。
 亡き夫への愛ゆえの変身です。
 私は断然、後半の、苛烈なクリームヒルトの方が好きですね。

 逆に、前半では悪役だったハーゲンが、後半、偉大な英雄に変わります。
 自分の最期を自覚しながら、覚悟を決めて敵陣に乗り込む所はカッコいい。
 男としての生き方を、考えさせられます。

 ハーゲンは、前後半通して、物語の鍵を握る人物です。
 私は、彼こそが、影の主役ではないかと思います。

 後半36歌章の、リューディガーの死闘は、感動的です。
 真の英雄は、命よりも義を重んじ、定められた運命に従い、死んでいきます。
 ここでも、男としての生き方を、考えさせられます。

 物語は、最後の最後まで、ぐるぐると勢いよく回り続けます。  
 宿命は、容赦なく英雄たちの命を奪い続けます。

 そして、結末は … ああ!
 壮絶で救いがありません。

 前後編の二分冊ですが、四行の分かち書きなので、文字数は多くありません。
 しかし、二冊を読み通すと、どっしりとしたボリュームを感じます。

 ちくま文庫の「ニーベルンゲンの歌」は、叙事詩の魅力を伝える良書です。
 今後は、岩波版に代わって、こちらが定番となるでしょう。
 そのためには、ちくま文庫で、この本を品切れにしない努力が大事です。

 さいごに。

 まだ、喉と鼻が少し痛みますが、ジョッグができるほどに回復しました。
 今日は、家族でお弁当を持って、バラの咲く公園に行きます。

 振り返ると、昨年もこの時期に、カゼをひいています。
 気をつけなければ。 

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

やさしいダンテ<神曲> [中世文学]

 「やさしいダンテ<神曲>」 阿刀田高 (角川文庫)


 今回は、解説本です。
 阿刀田氏が得意の、世界文学をやさしく解説した本です。

 今年の一月に、文庫化されたばかりです。
 「1月発売の気になる文庫本」で、簡単に紹介しました。


やさしいダンテ<神曲> (角川文庫)

やさしいダンテ<神曲> (角川文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/01/25
  • メディア: 文庫



 この本は、神曲を読むための下準備として読みました。
 キリスト教的世界観や、ギリシア神話が、詳しく補足説明されています。
 当時のフィレンツェや、歴史的背景も、分かりやすく解説されています。

 特に、「地獄篇」の描写は、丁寧で分かりやすいです。
 一方、「天国篇」は抽象的で、分かりにくい箇所があります。
 その間に挟まれた「煉獄(れんごく)篇」も、少し分かりにくかったです。

 さて、「神曲」も、当時の世界観や世相に、大きな影響を受けています。
 要するに、ダンテ自身の偏った見方が、相当部分含まれています。

 納得いかないのは、案内役のウェリギリウスが、地獄の縁にいることです。
 キリストが生まれる前に存在した者は、いかに偉大でもだめなのです。
 (それはないでしょう。)

 イスラム教の始祖マホメットにいたっては、本当にみじめです。
 地獄で体を切り裂かれて…
 (それはひどいでしょう。)

 「神曲」とは、神の絶対的な真理を歌ったもの、という先入観がありましたが、
 そうではなくて、ダンテの側から見た世界観だと、考えた方がいいようです。
 この本のおかげで、「神曲」を読む心構えが、できてきました。

 もう一冊、全体像を掴むのに最適なのが、「まんがで読破」の「神曲」です。
 さすが、絵の力はすごいですね。とても分かりやすいです。
 この長い物語を、これだけ簡略化するのは、たいへんだったと思います。


神曲 (まんがで読破)

神曲 (まんがで読破)

  • 作者: ダンテ
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 文庫



 良い本だと思いますが、図書館で借りました。
 まんがを買うのは、もったいないと、つい思ってしまうのです。
 (漫画を買うことも、もちろんあります。例えば「あさきゆめみし」など。)

 ところで、私は今年、三つの長編に取り組むつもりでいます。
 1つ目がダンテの「神曲」。まだ一度も読んでいません。
 手ごわそうなので、現在下準備中。

 2つ目がゲーテの「ファウスト」。こちらは再読です。
 三十代で、一度読み通しましたが、ちんぷんかぷんでした。

 3つ目がドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」。
 この本をまだ読んでいないなんて、友人の前ではとても言えません。
 斎藤孝著「読書力」には、「この本を読まねば何を読むのか」とあります。

 さいごに。

 昨日の朝、雪が降りました。
 天気予報どおりでしたが、とても驚きました。
 我が地域は、雪より地震の方が多い場所ですから。

 娘は大喜びで、降ってくる雪を、手でつかもうとしました。
 しかし、手に触れたとたんに、水になってしまいます。
 雪だるまを作ると言っていましたが、とても無理でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
- | 次の10件 中世文学 ブログトップ