So-net無料ブログ作成
検索選択
中世文学 ブログトップ
前の10件 | -

ケルト神話と中世騎士物語 [中世文学]

 「ケルト神話と中世騎士物語」 田中仁彦 (中公新書)


 中世騎士物語の中に生きている、ケルト人の他界の観念について解説しています。
 新書です。1995年に出て、ロングセラーを続けている著書です。


ケルト神話と中世騎士物語―「他界」への旅と冒険 (中公新書)

ケルト神話と中世騎士物語―「他界」への旅と冒険 (中公新書)

  • 作者: 田中 仁彦
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1995/07/25
  • メディア: 新書



 三部構成になっています。第一部は「ケルト人と他界」です。
 ケルト人の残した妖精や小人の神話から、彼らの他界の観念を述べています。

 海の彼方の女人国とは何か? ケルト人の他界の観念はどのようなものか?
 巨石文明を作ったのは誰か? 地下に住む妖精や小人は何者か?

 「ブランの航海」、「コンラの冒険」、「ダナの息子たち」にまつわる神話・・・
 この第一部には、他界への旅の神話が次々と登場して、とても興味深いです。

 第二部は「ケルト・キリスト教と他界」です。
 キリスト教の受容とともに、ケルト的他界が変貌していくさまを述べています。

 ケルトの神は悪魔となり、ケルトの他界は天国・楽園・煉獄・地獄となって・・・
 古い神々は、しだいに新しい神々に支配されていきます。

 第三部は「中世騎士物語と他界」です。いよいよアーサー王物語が登場します。
 ここでは、中世騎士物語の中に生きる、ケルト的他界の観念について述べています。

 アーサー王とアヴァロン、ランスロとゴールの国、ペルスヴァルと聖杯城・・・
 彼らは皆、突如開かれたケルト的他界へと旅立っています。

 また第三部は、アーサー王伝説について、いろいろと面白い指摘をしています。
 いわく、アーサー王国を滅ぼした真の原因は、王妃とランスロの愛・・・

 アーサー王伝説を、ケルト神話を踏まえて読み直せた点が、良かったです。
 ところで、終章の次の言葉が、とても心に染み入りました。

 「現代のわれわれは人生が旅であるということの本当の意味を見失ってしまった。
  われわれはどこへも出発することなく、ただじっと死を待っている。
  われわれにはもはや、そこに向かって出発すべき他界が存在しないのだ。」(P238)

 さいごに。(手越とパパとどっちがいいか?)

 娘によると、うちのママはNEWSの手越が好きなのだそうだ。
 「手越とパパとどっちがいいか、ママに聞いてみる」と言うので、私は慌てました。

 「やめなさい。ママは答えたくないだろうし、パパだって答えを聞きたくはない。」
 すると娘は、「大丈夫。パパが傷つかないように聞くからね。」と言いました。(涙)

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

結婚十五の歓び [中世文学]

 「結婚十五の歓び」 (岩波文庫)


 「結婚十五の歓び」は、男から見た結婚における十五の「難儀」を述べたものです。
 岩波文庫から出ています。所々に稚拙だが味わいのある挿絵が入っています。


結婚十五の歓び (岩波文庫 赤 571-1)

結婚十五の歓び (岩波文庫 赤 571-1)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1979/01/16
  • メディア: 文庫



 「結婚十五の歓び」なんて嘘ばっかり。結婚によって不幸になった男たちの話です。
 結婚した男を、魚梁(やな)に入り込んで抜け出せない魚に例えています。

 いわく、結婚する男は魚に似ている。大海を自由に泳ぎながら、魚梁の餌の匂いに
 誘われて、魚梁の中へ入り込んだら最後、もうそこから逃げ出せないのだ・・・

 そして、結婚には十五の難儀があり、しかも人はそれを歓喜とみなす、と言います。
 「結婚十五の歓び」とは、つまり「結婚十五の難儀」のことなのです。

 「第一の歓び」では、結婚まもない男が、妻に服をねだられる様子を描いています。
 「第二の歓び」では、着飾った妻が、社交界で夫を軽んずる様子を描いています。

 「第三の歓び」では、遊びまわった妻が、身重になった様子を描いていて・・・
 という調子で十五まで続きます。だんだんやりきれない気持ちになっていきます。

 私のお気に入りは「第十一の歓び」です。
 若い貴公子が各地を遍歴している時、身重とは知らずにその娘を求婚してしまい・・・

 女たちの恐ろしい知恵。手の込んだ計略。
 やれやれ。この本を読んでしまった男は、もう結婚したいとは思わないでしょう。

 さいごに。(本が読めない)

 転勤して新しい職場にまだ慣れないのに、年度替わりの忙しさが加わって大変です。
 帰りは夜遅くなるし、仕事は持ち帰らなければならないし、読書の時間が取れません。

 まあ、もう少ししたら少しずつ慣れて、余裕も生まれるとは思うのですが・・・
 ちなみに、あすの土曜もあさっての日曜も仕事です。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

ピエール・パトラン先生 [中世文学]

 「ピエール・パトラン先生」 渡辺一夫訳 (岩波文庫)


 仕事のない代言人パトラン先生が、相手を口車で丸め込む姿を描いた喜劇です。
 中世フランスの代表的笑劇で、15世紀中頃に修道士によって書かれたようです。

 第一刷は1963年。しばらく絶版でしたが、今年2017年2月に復刊されました。
 訳は少し古いですが、分かりやすかったです。買うなら今がチャンスです。


ピエール・パトラン先生 (岩波文庫)

ピエール・パトラン先生 (岩波文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1963/09/16
  • メディア: 文庫



 代言人のパトラン先生には依頼人がつかず、貧乏暮らしで苦しんでいます。
 金もないのに羅紗屋に行き、店主をおだてて、布地をツケで買いました。

 金を取りに来た羅紗屋を、パトラン先生はいかにして追い返したか?
 弁護を依頼に来た羊飼いに、パトラン先生はどんなアドバイスをしたのか?

 すべてが順調に見えたその時・・・最後にはちゃんとオチがつきます。
 この作品が、中世で最も有名な喜劇と言われる理由が、よく分かりました。

 ところで、私は中世にこのような喜劇があることが、とても意外でした。
 この作品の内容は、中世の騎士道やキリスト教精神に反しているからです。

 解説によると、13世紀を境に、騎士の時代から市民の時代に移ったと言います。
 都市が発展し、市民階級の力が増すにつれて、作品も変わっていったようです。

 このような喜劇は、市民階級の欲求を満たすため、当時流行したといいます。
 一方、封建社会が衰退するにつれて、叙事詩や騎士物語は衰えていきました。

 中世の庶民的文学には、他に「狐物語」や「結婚十五の歓び」等があります。
 どちらも現在、岩波文庫で手に入れることができます。 


狐物語 (岩波文庫)

狐物語 (岩波文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2002/05/16
  • メディア: 文庫



結婚十五の歓び (岩波文庫 赤 571-1)

結婚十五の歓び (岩波文庫 赤 571-1)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1979/01/16
  • メディア: 文庫



 ところで「ピエール・パトラン先生」は、春のリクエスト復刊で出たばかりです。
 私はこのフェアを見落としていた! 同時期に出た次の2点は「買い」です。


ヴィルヘルム・テル (岩波文庫 赤 410-3)

ヴィルヘルム・テル (岩波文庫 赤 410-3)

  • 作者: シラー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1957/09/05
  • メディア: 文庫



小公子 (岩波文庫)

小公子 (岩波文庫)

  • 作者: フランシス・ホジソン バーネット
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1939/08/05
  • メディア: 文庫



 さいごに。(何度も味わうコミック)

 娘はコミック「orange」の第4巻を買ってきたのに、なかなか読み始めません。
 どういうわけか第1巻を読んでいるのです。娘にわけを聞いてみると・・・

 「第4巻を読む前に、第1巻から第3巻までをもう一度読んでおさらいする。」
 なるほど。そうすれば、一つのコミックで何度でも楽しめます。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

イーゴリ遠征物語 [中世文学]

 「イーゴリ遠征物語」 水村彰一訳 (岩波文庫)


 異民族の地に遠征して囚われたイーゴリが、脱出し帰還するまでの物語です。
 史実に基づいて書かれ、中世ロシア文学を代表する作品とされています。

 岩波文庫から1983年に出ていましたが、現在は絶版です。
 訳は格調高い文章です。付録に「年代記」の関係個所が付いています。


イーゴリ遠征物語 (岩波文庫 赤 601-1)

イーゴリ遠征物語 (岩波文庫 赤 601-1)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1983/04/18
  • メディア: 文庫



 イーゴリ軍は、ポーロヴェッツの土地に攻め入る前に、日食に出会いました。
 彼らは、その不吉な前兆をものともせず、進軍していきました。

 最初の戦闘で、イーゴリ軍は大いに勝利し、多くの戦利品を手に入れました。
 しかし喜ぶのもつかの間、いつのまにか敵軍に包囲されていて・・・

 「イーゴリ遠征物語」は、1185年に実際に行われた遠征をもとにしています。
 次のように、勇ましく描かれていますが、悲惨な結果に終わっています。

 「かのイーゴリこそ、雄心勃勃 / ロシアの国のため / いさましき
 つわものどもを 引き具して / ポーロヴェッツの地に 攻め入ったのだ」

 候としては二流のイーゴリ候を、まるでロシアの代表のように描いています。
 大したことのない侵攻を、まるでロシアを代表する遠征のように描いています。

 このような大げさな記述が民族精神を高揚させ、価値ある作品となっています。
 とはいえ、岩波文庫「新版ロシア文学案内」の、次の記述は褒めすぎでしょう。

 「洗練された言葉、ゆたかな情緒、美的バランス、興味をそそる筋、抒情性と叙事
 性の混じりあった独特な詩的世界 ー どれをとっても、この作品は現代の読者の文
 学的欲求をみたしてくれますし、ロシアならではの独特の魅力を持っています。」

 実際は、描写があっさりしていて、展開はあっけなくて、拍子抜けしてしまいます。
 本のページはスカスカで、120ページほどありますが、実質は30ページほどです。

 中世ロシア文学史上大切な作品となった理由は、作品が少なかったからでしょう。
 当時は、外来のキリスト教文学が主流で、こういう作品は珍しかったのです。

 しかし、現代のロシアでは、知らぬ者のないほど有名な作品となりました。
 歌劇などにもなっていて、一読して損はないと思います。

 さいごに。(尊敬されない?)

 娘に、「未来の自分に会ったら、何を聞きたい?」と聞かれました。
 すかさず、「ロト6の当選番号」と答えました。

 「そんなこと言ってたら、私に尊敬されないよ」と、言われてしまいました。
 素直に答えすぎた! 娘はもっと高尚な答えを期待していたようです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

エル・シードの歌 [中世文学]

 「エル・シードの歌」 長南実(ちょうなんみのる)訳 (岩波文庫)


 レコンキスタ期の英雄エル・シードの活躍を描いた、中世スペインの叙事詩です。
 エル・シードは実在していて、レコンキスタ期の最高の騎士と目されています。 

 岩波文庫から1998年に出て、昨年2016年12月にようやく第2刷が発行されました。
 訳が分かりやすく、詳しい注釈が付いています。関連地図が、参考になりました。


エル・シードの歌 (岩波文庫)

エル・シードの歌 (岩波文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1998/07/16
  • メディア: 文庫



 「エル・シードの歌」は、三つの歌で構成されています。
 この本では、それぞれの歌に小見出しが付けられていて、内容が分かります。

 第一歌 エル・シードの国外追放と征旅の歌
 エル・シードは、彼を憎む者によって王に讒言され、国から追放されて・・・

 第二歌 バレンシア攻略と息女らの婚礼の歌
 エル・シードは、モーロ人の土地を少しずつ占領し、バレンシアを攻略し・・・

 第三歌 コルペスの森の屈辱と決闘裁判の歌
 エル・シードの2人の娘たちは、卑劣な婿たちによって屈辱を受けるが・・・ 

 解説によると、武勲詩は詩人らによって、街から街へ広められたのだそうです。
 それぞれの歌は、吟遊詩人が1回に吟誦するのに適当な長さだったと言います。

 だから、基本的にこれは「歌」であって、読まれたのではなく聴かれたのです。
 そのためか、正義と悪がはっきりと分かれていて、内容は分かりやすいです。

 ただし、エル・シードは完璧な英雄として、描かれているのではありません。
 驚いたことに、エル・シードは旅費を作るために、味方を騙したりしています。

 また、最後の決闘裁判へのもっていき方も、あまり紳士的ではありません。
 名剣は決闘に勝って取り返す、という展開にした方が、ずっとかっこいいのに!

 フランスの「ロランの歌」と、スペインの「エル・シードの歌」を読みましたが、
 どちらも他の叙事詩に見られたファンタジー的な味付けが、ありませんでした。

 中世文学といったらファンタジー、と勝手に思っていたので、少し意外でした。
 私はどちらかというと、魔法使いや竜や妖怪が出てくる物語の方が好きです。

 さて、ロシアにも「イーゴリ遠征物語」という中世叙事詩があります。
 たまたま岩波文庫の2009年版が家にありました。すぐに読んでみたいです。


イーゴリ遠征物語 (岩波文庫 赤 601-1)

イーゴリ遠征物語 (岩波文庫 赤 601-1)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1983/04/18
  • メディア: 文庫



 さいごに。(ボーリング大会)

 子供会の6年生を送る会では、恒例のボーリング大会がおこなわれます。
 うちではボーリングをやらないので、娘は毎年楽しみにしています。

 例によって娘は、全然ピンを倒せないと思います。
 実は私もボーリングは苦手で、いつも女の子チームに入れられていました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

エッダ グレイティルのサガ [中世文学]

 「エッダ グレティルのサガ 中世文学全集Ⅲ」 (ちくま文庫)


 エッダは神話を題材にした韻文で、サガは実際の出来事を物語った散文です。
 エッダもサガも、中世のアイスランドで成立しました。

 ちくま文庫から訳が出ていますが、どちらもそのほんの一部にすぎません。
 1971年に出た本をもとにしています。エッダは少し分かりにくかったです。


中世文学集〈3〉エッダ;グレティルのサガ (ちくま文庫)

中世文学集〈3〉エッダ;グレティルのサガ (ちくま文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1986/12
  • メディア: 文庫



 「エッダ」はキリスト教に影響される前の、素朴な時代の神話・伝説集です。
 ちくま文庫版には、さまざまな内容の15編が収録されています。

 その中で読みどころは、「レギンの歌」から始まる6編の「ジグルド」もの。
 この6編は、ドイツのジークフリート伝説と、根底でつながっています。

 ジグルドと竜のファーヴニルの戦い、レギン殺害、宝の継承、ジグルドの死、
 グドルーンとブリュンヒルド・・・「ニーベルンゲンの歌」を思い出します。

 「ジグルド」伝説は、「ヴォルスンガ・サガ」にも描かれているようです。
 しかし、この本には収録されていません。残念!

 本の後半は「グレティルのサガ」で、これは数あるサガのうちの一つです。
 実在した豪傑グレティルの生涯を描いています。

 多くの賊を倒したグレティルは、たちまち当代一の豪傑と見なされました。
 その後も、自分を狙う連中を、次々と返り討ちにしていきます。

 多くの人に讃えられ恐れられ、追放されながらも各地で歓待されました 。
 ところが、怪物グラームとの戦いのあと、少しずつ運が傾き始めます。

 結局グレティルを死へ導いたのは、豪傑でもなく怪物でもなく・・・
 殺しに次ぐ殺し。これも一つの生き方かもしれませんが、むなしすぎます。

 さて、一口にサガといっても、現代には約200編が伝わっているそうです。
 「グレティルのサガ」は、その中のたった1編にすぎないのです。

 正直に言って、この本の編集は、やや中途半端でもの足りなかったです。
 サガというものの概観をつかむためには、解説書を読む必要があります。

 山室静の「北欧神話と伝説」は、レビューの評価が高いようです。
 3月には山室静の「北欧の神話」が出るそうです。チェックしなければ。


北欧神話と伝説 (講談社学術文庫)

北欧神話と伝説 (講談社学術文庫)

  • 作者: ヴィルヘルム・グレンベック
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 文庫



北欧の神話 (ちくま学芸文庫)

北欧の神話 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 山室 静
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: 文庫



 さいごに。(ふくらはぎがピンチ)

 3週間ほど前にふくらはぎを傷めて、その後気をつけていました。
 しかし、職場の階段を駆け上がったひょうしに、再度傷めてしまいました。

 2月26日には、娘と一緒に「スイーツラン」を走ることになっています。
 とても楽しみな大会なので、なにがなんでも治さなければ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

アーサー王ロマンス [中世文学]

 「アーサー王ロマンス」 井村君江 (ちくま文庫)


 マロリーの「アーサー王の死」を中心にまとめた、アーサー王物語の入門書です。
 1987年に筑摩書房から出た「世界の英雄伝説2」の文庫版です。


アーサー王ロマンス (ちくま文庫)

アーサー王ロマンス (ちくま文庫)

  • 作者: 井村 君江
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1992/04
  • メディア: 文庫



 アーサー王伝説について、とても分かりやすくまとめた解説書です。
 よく目が行き届いていて、重要なエピソードはたいてい含まれています。

 第一部「アーサーの誕生と即位」
 魔法使いマーリン、アーサーの誕生と結婚、名剣エクスキャリバー・・・

 第二部「アーサーと円卓の騎士」
 ベイリン、ガウェイン、ラーンスロット、ガレス、トリストラム・・・

 第三部「聖杯探求の旅」
 ガラハッド、パーシバル、ラーンスロット・ガウェイン・ボース・・・

 第四部「最後の戦い」
 ラーンスロットと王妃、モードレッドの反逆、アーサーの死・・・

 以上、バランスよくまとめられていて、伝説の全体像が分かります。
 アーサー王物語に興味を持ち始めた人に、最初の1冊としてオススメします。

 実は、私にとって最も興味深かったのは、「はじめに」の部分です。
 冒頭で、「アーサー王の実像と伝説像」について解説されています。

 アーサー王は実在の指揮官で、紀元500年頃にサクソン人を撃退したという。
 12世紀に書かれた「ブリテン王列伝」には、アーサーの一代記が含まれます。

 歴史書中のアーサー王物語は、フランス語訳され大陸で広まっていきました。
 その過程で様々な要素が加わり、ロマンティックな英雄像になったそうです。

 15世紀にマロリーが、アーサー王の物語群を英訳し直し、まとめ上げました。
 現在このマロリー版が、アーサー王物語の基本的な資料になっています。

 「おわりに」では、アーサー王物語とケルト神話の関係が紹介されています。
 アーサー王は死を迎えると、ケルトの異界であるアヴァロンに行って・・・

 この本は実に興味深い本で、さらにいろいろなことを知りたくなりました。
 私は、「アーサー王伝説」という単行本の解説書まで、買ってしまいました。


アーサー王伝説

アーサー王伝説

  • 作者: リチャード・キャヴェンディッシュ
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1983/09
  • メディア: 単行本



 また、同じ井村君江の「ケルトの神話―女神と英雄と妖精と」も気になります。
 ちくま文庫から出ています。機会があったら、読んでみたいです。


ケルトの神話―女神と英雄と妖精と (ちくま文庫)

ケルトの神話―女神と英雄と妖精と (ちくま文庫)

  • 作者: 井村 君江
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1990/03/27
  • メディア: 文庫



 さいごに。(声を出せば勝てる)

 トランプのスピード勝負のとき、私は知らず知らず声を出していました。
 カードを重ねる時に、「6、7、8,9,10」などと口で言っていたのです。

 娘に指摘されて、声を出さなくなってから、どうやら私は弱くなったようです。
 再び声を出して勝負したら、勝率がかなり上がりました。でもこれ、老化現象?

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

アーサー王の死 [中世文学]

 「アーサー王の死」 マロリー著 厨川文夫・圭子訳 (ちくま文庫)


 アーサー王の誕生から死までと、円卓の騎士たちの活躍を描いた物語集です。
 フランスで出回った本を、マロリーが英訳し、キャクストンが印刷しました。

 ちくま文庫から、「中世文学集Ⅰ」として出ました。初訳は1971年です。
 訳は分かりやすいのですが、収録されているのは全体の一部にすぎません。


アーサー
王の死 (ちくま文庫―中世文学集)

アーサー王の死 (ちくま文庫―中世文学集)

  • 作者: トマス・マロリー
  • 出 版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1986/09
  • メディア: 文庫



 英国初の印刷業者キャクストンが、マロリーの翻訳を全21巻にまとめました。
 ちくま文庫版に収められたのは、1・5・11・12・18・19・20・21巻です。

 物語としては、アーサー王とランスロットが中心となっています。
 訳者によると、アーサー王物語の劇的構想は、ここから読み取れると言います。

 ところがランスロットの物語は、本国を離れてフランスで加えられたものです。
 つまり、アーサー王の物語は、主にフランスで成立したということらしい。

 そう考えて読むと、なるほど、ランスロットの物語はフランス的です。
 というのも、王妃グウィネヴィアとの恋愛(不倫)物語が含まれるので。

 宮廷的愛を逸脱して、激しく愛し合い、しまいには王国を破滅に向かわせる、
 そういうところに、フランス独特の美意識(?)を感じてしまいました。

 さて、本書ではアーサー王の最後の戦いから死までが、詳しく描かれています。
 円卓の騎士たちの絆が崩壊し、戦いに引きずり込まれていく場面は実に悲しい。

 アーサー王と円卓の騎士たち活躍し、ヨーロッパを征服するまでの場面よりも、
 築き上げた王国が内部から崩壊していく過程の方が、なぜか印象に残りました。

 特に、アーサー王の死の場面は哀切です。
 名剣エクスカリバーを水の中に投げ込むと・・・

 ところで本書では、トリストラムとイズーや、聖杯探求が省略されています。
 ガウェインやパーシヴァルの逸話も省略されていて、物足りない気がします。

 ブルフィンチの「中世騎士物語」を併せても、まだ充分ではありません。
 「中世騎士物語」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2017-01-23

 そこで、「アーサー王ロマンス」 という入門書も、買ってしまいました。
 この本がなかなか良いのです。次回、紹介したいです。


アーサー
王ロマンス (ちくま文庫)

アーサー王ロマンス (ちくま文庫)

  • 作者: 井村 君江
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1992/04
  • メディア: 文庫



 さいごに。(スピード勝負)

 かつては、トランプの「スピード」で、娘に負けるなんて考えられなかった。
 ところが、現在は3回勝負して、1回勝てるか勝てないか、というていたらく。

 「パパは弱すぎてつまらない」と、娘には言いたいほうだい言われています。
 ああ、腹立つ!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

中世騎士物語 [中世文学]

 「中世騎士物語」 ブルフィンチ著 野上弥生子訳 (岩波文庫)


 アーサー王と円卓の騎士伝説を中心に、騎士物語について幅広く解説した著作です。
 19世紀の米国人ブルフィンチが、英文学の基礎知識を分かりやすく説明した本です。

 岩波文庫から出ています。初版は1942年!
 訳は古いですが、品があって分かりやすい文章でした。


中世騎士物語 (岩波文庫)

中世騎士物語 (岩波文庫)

  • 作者: ブルフィンチ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1980/02
  • メディア: 文庫



 前半が「アーサー王とその騎士たち」、後半がウェイルズ民話「マビノジョン」。
 中世に出回った騎士伝説を、ひとつの物語として読めるようにまとめてあります。

 特に、「アーサー王とその騎士たち」は、面白い物語が多くて楽しかったです。
 アーサーが15歳で王に選出された理由は、教会の前に置かれた石に関係します。

 その石には剣が刺さっていて、王としてふさわしいものがそれを取るのだという。
 誰も抜き取ることができなかったその剣を、アーサーは難なく抜き取って・・・

 アーサー王と名剣エクスカリバ、魔術師マーリンと円卓、ガウェインの結婚、
 湖の騎士ラーンスロットと王妃、トリストラムとイゾーデの愛の媚薬の悲劇、
 聖杯伝説と聖杯探索、アーサーとラーンスロットの戦い、アーサーの死・・・

 と、内容は盛りだくさんです。知らなかった話がたくさんありました。
 どの話にもロマンがあります。小見出しを読み返すだけでワクワクしてきます。

 実は、私がこの本を知ったのは、「世界史講義録」というHPによってです。
 高校世界史の授業記録で、「世界史」好きの人々に根強い人気を誇るページです。

 この初回の授業に、「ガウェインの結婚」のエピソードが出てきます。
 アーサーがある醜い女と約束したため、ガウェインはその女と結婚したが・・・

 「うまい」と声に出てしまうくらい、上手に授業の中に盛り込まれていました。
 さいわい、この先生の講義録が第135回(!)まで公開されています。
 「世界史講義録」→ http://www.geocities.jp/timeway/

 そのほか、ラーンスロットと王妃、トリストラムとイゾーデの話は印象的でした。
 ラーンスロットもトリストラムも、完全無欠の騎士でありながら愛には勝てず・・・

 トリストラムについては、ベディエの「トリスタン・イズー物語」で有名です。
 「トリスタン・イズー物語」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2013-04-08

 後半の「マビノジョン」にも、アーサー王伝説が出ています。
 当時、アーサー王の物語がいかに人気を博していたかが分かります。

 アーサー王は、6世紀の伝説的な人物です。サクソン人を撃退した英雄です。
 それが広まったのは、12世紀に「ブリタニア列王史」が流行してからだそうです。

 それなら、「ブリタニア列王史」も読んでみたい、と思ったら・・・
 アマゾンでとんでもない値段でした。図書館で見かけたらパラパラと読んでみよう。


ブリタニア列王史―アーサー王ロマンス原拠の書

ブリタニア列王史―アーサー王ロマンス原拠の書

  • 作者: ジェフリーオヴモンマス
  • 出版社/メーカー: 南雲堂フェニックス
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本



 アーサー王については、15世紀のマロリーによる「アーサー王の死」が有名です。
 ただし、現在文庫で読めるのは、そのほんの一部だけです。


アーサー王の死 (ちくま文庫―中世文学集)

アーサー王の死 (ちくま文庫―中世文学集)

  • 作者: トマス・マロリー
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1986/09
  • メディア: 文庫



 さいごに。(抜かれるばかり)

 昨日、地元の駅伝大会に出ました。3キロを5人でつなぐレースです。
 3区までは上位に入っていたのですが、4区の私が次々と抜かれてしまいました。

 女子中学生には負けないだろうと思い、並んで走っていたらすぐに置いて行かれ、
 白髪の御老人には負けないだろうと思っていたのに、やはり置いて行かれました。
 あーあ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

ローランの歌 [中世文学]

 「ローランの歌・狐物語(中世文学集Ⅱ)」 ちくま文庫


 フランク王国とイベリア半島のイスラム帝国の戦いを描いた叙事詩です。
 最も古い武勲詩で、11世紀に古フランス語書かれています。

 岩波文庫とちくま文庫で出ていましたが、現在はどちらも絶版です。
 私は、ちくま文庫「中世文学集」をなぜか持っていて、ラッキーでした。


ロランの歌 (岩波文庫 赤 501-1)

ロランの歌 (岩波文庫 赤 501-1)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1965/01/16
  • メディア: 文庫



中世文学集〈2〉ローランの歌;狐物語 (ちくま文庫)

中世文学集〈2〉ローランの歌;狐物語 (ちくま文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1986/10
  • メディア: 文庫



 フランク王国のシャルル大帝は、イスパニヤに進攻して7年になりました。
 サラセン帝国マルシル王から、彼の元に、和睦の使者がやって来ました。

 敵の降伏を受け入れたシャルルは、返信の使者にガヌロンを選びました。
 ガヌロンは動揺しました。これまで何人もの使者が殺されているからです。

 そして、自分を推薦したローランを恨みました。
 敵国に入ったガヌロンは、敵将ブランカンドランと企んで・・・

 ガヌロンはどんな計略で、ローランに対する恨みを晴らすのか?
 ローランにはどんな運命が待っているのか?

 この本を読み始めたときには、少しだけ戸惑いました。
 というのも、次のような古めかしい文章だからです。

 「われらが大帝シャルルの王は、/まる七年をイスパンヤに在しまして
 海のほとりにいたるまでこの高地を統べ給えり。
 御稜威の前には城ことごとく攻め落とされ、/砦も都市も撃ち毀たれて
 残るはただ山間なるサラゴッスのみ。」(冒頭)

 しかし読み進めるうちに、このリズムが不思議と心地よくなってくるのです。
 物語は正義と悪が明確に分かれているため、意外と分かりやすかったです。

 物語は、ローランとオリヴィエの二人の英雄にスポットが当たっています。
 この二人がとにかくめちゃくちゃ強い!

 死を覚悟して、多くの敵に向かい、殺しまくります。
 剣で相手の脳天を撃つと、そのまま胴を斬り裂き、馬までも真っ二つです。

 やや誇張が過ぎるのですが、ローランを讃える歌なので、まあいいでしょう。
 当時の人々の、ローランとオリヴィエに対する畏敬の念がにじみ出ています。

 さて、この物語は8世紀のロンスヴォーの戦いをもとにしています。
 フランク国王シャルルはカール大帝。ローランも実在する家臣です。

 ローランは、イタリア語読みでオルランドです。
 ルネサンス期に、「恋するオルランド」「狂えるオルランド」もできました。

 シャルルマーニュ伝説には、ほかにも魅力的なエピソードがあります。
 以前講談社学術文庫から出ていた「シャルルマーニュ伝説」を読んでみたい。


シャルルマーニュ伝説 中世の騎士ロマンス (講談社学術文庫)

シャルルマーニュ伝説 中世の騎士ロマンス (講談社学術文庫)

  • 作者: トマス ブルフィンチ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/02/09
  • メディア: 文庫



 「ローランの歌(中世文学集Ⅱ)」の後半には、「狐物語」が入っています。
 狐のルナールを主人公にしたドタバタ喜劇集で、収録はそのごく一部です。

 岩波文庫から、もう少しまとまった形で、「狐物語」が出ています。
 しかし私は、なぜか新野南吉の「ごんぎつね」を読み返したくなりました。


狐物語 (岩波文庫)

狐物語 (岩波文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2002/05/16
  • メディア: 文庫



ごんぎつね (小学館文庫―新撰クラシックス)

ごんぎつね (小学館文庫―新撰クラシックス)

  • 作者: 新美 南吉
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1999/11
  • メディア: 文庫



 さいごに。(この寒さの中、窓を開けて運転してます)

 この寒さの中、運転席の窓を20センチほど開けたまま運転しています。
 ここ数日は本当に寒いので、コートを着てフードを被って運転しています。

 というのも、突然パワーウィンドウが故障したためです。現在部品待ちです。
 ミラジーノのパワーウィンドウスイッチは、確実に壊れることで有名だとか。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 中世文学 ブログトップ