So-net無料ブログ作成

世界最強の商人 [20世紀アメリカ文学]

 「世界最強の商人」 オグ・マンディーノ作 山川紘矢・亜希子訳 (角川文庫)


 世界最強の商人が、成功法について書かれた巻物を、次に引き継ぐまでの物語です。
 わずか111ページですが、様々な成功法が凝縮されています。訳は2014年です。


世界最強の商人 (角川文庫)

世界最強の商人 (角川文庫)

  • 作者: オグ・マンディーノ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/11/22
  • メディア: 文庫



 商人として独り立ちし、愛する娘と結婚して、将来は世界最強の商人となりたい。
 そう熱望するハフィッドに、主人であり養父でもあるパトロスは言いました。

 「ローブとロバを受け取り、夜明けにベツレヘムに向けて出発しなさい。・・・
 お前はそのローブが売れるまで、ベツレヘムにとどまりなさい。」

 しかし彼はその大切な商品を、洞窟の中の赤ん坊のために置いてきたのです。
 意気消沈して帰るハフィッド。しかしその善行が、養父に認められました。

 ハフィッドは、パトロスから大切な10巻の巻物を譲り受けたのです。
 ハフィッドはダマスカスに着き、巻物の1巻目をひもといて・・・

 自己啓発本であると同時に、面白い小説でもあります。
 最終第18章の意外な展開! 驚きの結末!

 さて、肝心な巻物は10巻。1巻を朝・昼・夜の3度繰り返し読めと言います。
 しかも、それを30日間続けなければ、次の巻に行ってはいけないと言います。

 もちろん普通の人にはそんな時間はないので、どんどん読み進めましょう。
 最強の商人にはなれないけど、わずか数時間で、多くの名言を得られます。

 「私は人生最大の秘密を知っている。なぜならば、すべての問題、失望、心痛は、
 実は仮面をかぶった偉大なチャンスだということが見えるようになったからだ。」

 「私は今日の時間を大切にしよう。・・・時間は、今日、銀行にあずけて、明日、
 引き出して使うことができるものではない。」

 この続編が、「その後の世界最強の商人」です。完結編です。
 ハフィッドは、残りの人生をすべてかけて、ある壮大な計画を実行し・・・


その後の世界最強の商人 (角川文庫)

その後の世界最強の商人 (角川文庫)

  • 作者: オグ・マンディーノ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/11/22
  • メディア: 文庫



 さいごに。(ずっと仕事だってば)

 GWの仕事はずっと野外でした。連休明けの8日、友人に言われました。
 「いい色に焼けたねえ。どこに行ってきたの?」 ずっと仕事だってば!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: