So-net無料ブログ作成
検索選択

サクリファイス [日本の現代文学]

 「サクリファイス」 近藤史恵 (新潮文庫)


 自転車競技のアシストとして活躍する青年と、仲間たちとのドラマを描いています。
 2008年本屋大賞で2位に入りました。青春小説でもありミステリーでもあります。


サクリファイス (新潮文庫)

サクリファイス (新潮文庫)

  • 作者: 近藤 史恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/01/28
  • メディア: 文庫



 白石誓(ちかう)は、もと陸上の長距離選手で、全国優勝したほどの実力者です。
 しかし、走ることや勝つことの意味が分からなくなり、自転車に転向しました。

 そして彼はプロのロードレースチームに所属し、アシストとして活躍しています。
 その役割は、チームのエースを勝たせるために、徹底的に尽くすことです。

 アシストはエースの踏み台ですが、誓はその仕事にプライドを持っています。
 そして、チームのエース石尾のために、全力でサポートしていますが・・・

 石尾が故意に起こしたという、過去の事故の真相は?
 そして、石尾の身に起こった事故の真相は?

 私はロードレースのことを全く知らなかったのですが、とても楽しめました。
 読んでいるうちに、少しずつロードレースについて、知ることができました。

 自転車競技が、団体競技であり、紳士のスポーツと言われる理由が分かります。
 そして、特に興味深かったのは、アシストという役割です。

 誓は、石尾を勝たせるために、風よけとなって走り、全力で彼を引っ張ります。
 まさに、エースのために犠牲(サクリファイス)となるのです。

 それが分かっている石尾も、チームのために犠牲(サクリファイス)となります。
 あとになって誓は知ります。石尾の言動の意味と、その思いを。

 なんという男同士の信頼!
 これは、女性によって書かれた、最高の「男の小説」でしょう。

 しかし、読後のもやもやはなんだ? これは袴田と元恋人の香乃からくるもの。
 卑劣な男と、見る目のない女。こいつら、このままでいいのか?!

 さて、続巻の「エデン」「サヴァイブ」「キアズマ」も、とても気になります。
 また、TVでツールド・フランスを見てみたくなりました。


エデン (新潮文庫)

エデン (新潮文庫)

  • 作者: 近藤 史恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/12/24
  • メディア: 文庫



キアズマ

キアズマ

  • 作者: 近藤 史恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/04
  • メディア: 単行本



 さいごに。(調べ学習?)

 娘が熱心にパソコンを見ながらメモをとっていました。何を調べているのか?
 こっそりメモをのぞいてみると、そこには新しく始まるドラマのタイトルが!

 何かと思えばくだらない。新しいドラマのチェックをしていたのです。
 見たいドラマが3つもあって、困っています。見られるのは2つまでなので。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。