So-net無料ブログ作成

コーランを知っていますか [中世文学]

 「コーランを知っていますか」 阿刀田高 (新潮文庫)


 イスラム教の聖典「コーラン」について、とても分かりやすく解説した著書です。
 阿刀田得意の解説シリーズのひとつです。2006年に新潮文庫から出ました。

コーランを知っていますか (新潮文庫)

コーランを知っていますか (新潮文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: 文庫



 「コーラン」は、アラーがマホメットの口を通して語った言葉が書かれています。
 つまりそこに記されているのは、マホメットの言葉ではなく、神の言葉なのです。

 「慈悲あまねく慈愛深きアラーの御名(みな)において。
 万有の主(あるじ)、アラーにこそ凡(すべ)ての称讃あれ、
 慈悲あまねく慈愛深き御方、最後の審(さば)きの主宰者に。・・・」(冒頭)

 マホメットが40歳のとき(西暦610年)、アラーからの最初の啓示がありました。
 その後、その死(632年)まで、あらゆる分野にわたって啓示があり続けました。

 その啓示を集大成したのが、第三代カリフのウスマーンで、時は650年代でした。
 構成はバラバラで、内容も長さも統一感がありませんが、音読した時すばらしい。

 私は以前、放送大学のTV放送で、コーランの祈りの声を聞きました。
 非常に厳かで格調高く、そして美しく響いていました。

 さて、この著書には「コーラン」のこと以外にも、多くのことが書かれています。
 マホメッドの生涯、後継者の争い、イスラムの歴史、アラブの文化などなど。

 そして終章は、サウジアラビア旅行記になっていて、これがけっこう楽しいです。
 期待に胸を膨らませてメディアに入ったら、そのまま空港に誘導されて・・・

 読後、岩波新書の「メッカ」(野町和嘉)を読みたくなります。
 野町氏は、この写真を撮るために、イスラム教徒になったとか。執念を感じます。


カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書)

カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書)

  • 作者: 野町 和嘉
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2002/09/20
  • メディア: 新書



 ところで私は、「コーラン」を中世の叙事詩の一つであるととらえています。
 それは、「旧約聖書」を古代の叙事詩としてとらえたことと同じです。

 どちらもそれぞれの民族の英雄について書かれています。
 そしてどちらも、長い時間詠唱され続け、その民族の心の支えとなっています。

 さて、阿刀田の解説本には、「ギリシア神話を知っていますか」等もあります。
 「ギリシア神話を知っていますか」
 → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2010-11-05

 さいごに。(ビアガーデン)

 職場の仲間といっしょに、百貨店の屋上のビアガーデンに行きました。
 飲み放題、食べ放題で、4000円。飲みすぎ、食べ過ぎで、翌朝たいへんでした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。