So-net無料ブログ作成

コンタクト [20世紀アメリカ文学]

 「コンタクト」 カール・セーガン作 池央耿・高見浩訳 (新潮文庫)


 人類が初めて地球外知的生命体とコンタクトする様を描いた、ハードSF小説です。
 1980年代に書かれて、作者の死後1990年代に映画化されました。

 新潮文庫から出ています。とても読みやすいです。
 なお、カール・セーガンといえば科学番組「コスモス」を思い出す人も多いでしょう。


コンタクト〈上〉 (新潮文庫)

コンタクト〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: カール・セーガン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1989/07
  • メディア: 文庫



コンタクト〈下〉 (新潮文庫)

コンタクト〈下〉 (新潮文庫)

  • 作者: カール・セーガン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1989/07
  • メディア: 文庫



 女天文学者エリーは、30代後半でありながら、アーガスという研究所の所長です。
 そこでは、電波望遠鏡を使って、地球外知的生命体の探索が進められていました。

 ある日受信した電波信号は、26光年離れたベガ星系から送られてきたものでした。
 そしてそこには、ある隠されたメッセージが・・・

 地球外知的生物は本当に存在するのか? 彼らはどのような存在なのか?
 どうして地球に電波信号を送ってきたのか? コンタクトは成功するのか?

 地球外知的生命体との遭遇を中心に、ほかにも様々な内容が盛り込まれています。
 全能なる神の存在、世界の平和、家族の絆、人間としての成長・・・

 さて、私が宇宙に興味を持 ったきっかけは、中学校時代に見た「コスモス」です。
 宇宙の謎が分かりやすく解説されている番組で、毎回わくわくしながら見ました。

 その番組の監修していたのが、本書の作者であるカール・セーガンです。
 彼も、地球外知的生命体の探査をしていました。エリーは彼の分身でしょうか。


コスモス 上 (朝日文庫)

コスモス 上 (朝日文庫)

  • 作者: カール・セーガン
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 1984/04
  • メディア: 文庫



 ジョディ・フォスター主演の映画も、なかなかよくできています。名画です。
 乗組員を1人だけにしたりと、原作を効果的にアレンジしています。


コンタクト 特別版 [DVD]

コンタクト 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



 さいごに。(「参観会に来てほしい」その理由)

 今年の参観会は、仕事と重なって参加できません。
 娘はとても残念そうに「来てほしかった」と言っています。というのも・・・

 娘のクラスの担任が、学校で一番かわいい先生なのだそうです。
 「うちの先生のかわいさを見てほしかった」とのこと。そりゃ行きたかったよ。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。