So-net無料ブログ作成

古代文学のベスト20を選びました [古代文学]

 「文学全集 第Ⅶ集 古代編」


 文庫本で自分だけの文学全集をそろえることが、私のライフワークです。
 例によって独断と偏見で、第Ⅶ集の古代編を決定したいと思います。

 すでに、第Ⅰ集から第Ⅵ集は完成しています。
 以下のページを参照してください。

 第Ⅰ集「19世紀フランス編」(20作)
 → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2010-10-23
 第Ⅱ集「19世紀イギリス編」(20作)
 → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2011-08-04
 第Ⅲ集「19世紀ロシア編」(20作)
 → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2012-12-22
 第Ⅳ集「19世紀ドイツ北欧編」(20作)
 → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2013-11-09
 第Ⅴ集「19世紀アメリカ編」(10作)
 → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2014-08-06-1
 第Ⅵ集「18世紀編」(10作)
 → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2015-09-25-2

 まず、古代文学で取り上げた作品を、登場順にリストアップしてみます。
 解説本や、二次創作は省きました。それでも、結構ありました。

 「ギルガメシュ叙事詩」 ・ 「ソクラテスの弁明・クリトン」 プラトン
 「ギリシア悲劇 アイスキュロス」 ・ 「サテュリコン」ペトロニウス
 「旧約聖書 天地創造 創世の書」 ・ 「ギリシア悲劇 ソポクレス」
 「黄金の驢馬」アプレイウス ・ 「ギリシア哲学者列伝」ディオゲネス
 「女の平和」アリストパネス ・ 「ダフニスとクロエー」ロンゴス
 「シュメール神話集成」 ・ 「ギリシア神話」アポロドーロス
 「神統記」ヘシオドス ・ 「仕事と日」ヘシオドス
 「変身物語」オウィディウス ・ 「イリアス」ホメロス
 「トロイア戦記」クイントゥス ・ 「オデュッセイア」ホメロス
 「ギリシア・ローマ抒情詩選」 ・ 「ギリシア悲劇 エウリピデス」
 「ナラ王物語」 ・ 「歴史」ヘロドトス
 「バガヴァッド・ギーター」 ・ 「インド神話」
 「シャクンタラー姫」カーリダーサ ・ 「歴史」ツキディデス
 「饗宴」プラトン ・ 「ソクラテスの思い出」クセノポン
 「アナバシス」クセノポン ・ 「英雄伝」プルタルコス
 「ガリア戦記」カエサル ・ 「ローマ建国史」リウィウス
 「史記」司馬遷 ・ 「アレクサンドロス大王東征記」アッリアノス
 「年代記」タキトゥス ・ 「ローマ皇帝伝」 スエトニウス
 取り上げなかったけど、ウェルギリウスの「アエネーイス」は外せない。

 ここからベスト20を選び、「文学全集 第Ⅶ集 古代編」を完成!
 年代順に並べ、それぞれ、選択した理由を簡単に記しました。

 1 「ギルガメシュ叙事詩」(メソポタミア)●前1500年~前1000年
   現存する最古の文学。すべてはここから始まった。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2010-08-27

 2 「イリアス」ホメロス(ギリシア)●前8世紀
   西洋文学の古典中の古典。アキレウスとヘクトルの宿命に涙する。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-04-11
     http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-04-17

 3 「オデュッセイア」ホメロス(ギリシア)●前8世紀
   西洋文学の古典中の古典。オデュッセウスの冒険に胸躍る。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-05-14
     http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-05-17

 4 「ギリシア悲劇 アイスキュロス」(ギリシア)●前5世紀
   アテナイ三大悲劇詩人の1人目。ギリシア悲劇の確立者。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2011-04-21
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2011-05-14

 5 「ギリシア悲劇 ソポクレス」(ギリシア)●前5世紀
   アテナイ三大悲劇詩人の2人目。なんといってもオイディプス。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2011-12-16
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2011-12-20

 6 「ギリシア悲劇 エウリピデス」(ギリシア)●前5世紀
   アテナイ三大悲劇詩人の3人目。ギリシア悲劇の革新者。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-06-01
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-06-04
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-06-06
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-06-13

 7 「歴史」ヘロドトス(ギリシア)●前5世紀
   歴史の父による最古の歴史書。物語性が豊かで文学的。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-07-04

 8 「歴史」ツキディデス(ギリシア)●前5世紀
   ペロポネソス戦争の歴史を、凝った文体でつづる。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-08-01
     http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-08-01

 9 「ソクラテスの弁明・クリトン」 プラトン(ギリシア)●前4世紀
   ソクラテスの命がけの訴え。気迫のこもった文章。生き方の書。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2010-08-31

10 「ガリア戦記」カエサル(ローマ)●前1世紀
   軍人らしく簡潔に分かりやすく記した戦記。ラテン語の名文。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-10-09

11 「アエネーイス」ウェルギリウス(ローマ)●全1世紀
   ローマ文学の傑作。この作品だけ読めなかった。復刊を期待。

12 「史記」司馬遷(中国)●前1世紀
   中国最初の正史。多くの英雄たちのドラマティックな物語。
   「本記」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-11-18
   「列伝1」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-11-27
   「列伝2」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-12-09

13 「変身物語」オウィディウス(ローマ)●1世紀
   ギリシア・ローマ神話の集大成。西洋における教養の書。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-03-03

14 「サテュリコン」ペトロニウス(ローマ)●1世紀
   現存するのはわずかだが、悪漢小説の元祖として重要。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2011-12-02

15 「黄金の驢馬」アプレイウス(ローマ)●2世紀
   完全な形で現存する最古の小説。しかもハチャメチャ。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2013-10-06

16 「年代記」タキトゥス(ローマ)●2世紀
   著者独自の味付けがされている歴史書。緊張感ある文体。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-12-13
     http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-12-21

17 「ダフニスとクロエー」ロンゴス(ギリシア)●2世紀
   恋愛小説の古典的傑作。後世に与えた影響は大きい。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2015-09-25-1

18 「英雄伝」プルタルコス(ギリシア)●2世紀
   ギリシアとローマの英雄たちのドラマティックな物語。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-09-27

19 「トロイア戦記」クイントゥス(ギリシア)●4世紀
   「イリアス」と「オデュッセイア」の懸け橋として重要。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-05-02

20 「シャクンタラー姫」カーリダーサ(インド)●4世紀
   サンスクリット文学の古典的傑作。
   → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-07-26

* 古典編は「ギリシア悲劇集」「史記」などの大作が多かったです。
  全20作集めると、何ページになるのか、また、いくらになるのか。

  1年を振り返ると、本に結構な金額をつぎ込んでいました。(あーあ)
  ちくまの「プルタルコス英雄伝」のような選集が、もっと出てほしい。


 さいごに。(クリぼっち)

 クリスマスをひとりぼっちで過ごすことを「クリぼっち」と言うらしい。
 ヘンな言葉を作ったもんだ。

 「将来クリぼっちになりたくない」と、小4の娘が今から心配しています。
 「毎年うちに帰ってくればいい」と言ったら、すぐに安心していました。

 ちなみに今年のクリスマスは、昨年に続いてチーズフォンデュ大会でした。
 ケーキは、シャトレーゼ。庶民的な味ですが、安くておいしかったです。

DSCF2642-2.jpg
DSCF2643-2.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。