So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年のベスト5 [来月発売の気になる文庫本]

◎ 今年もあと1週間です。今回は、恒例の年末企画です。
  2016年に私が読んだ文庫本の、ベスト5を勝手に決めて紹介します。

  今年私が、初めて読んだ本だけを対象にします。
  昔出た本でもOKですが、昔読んだ本は対象外です。
  (今年紹介した本でも、「星と祭り」など昔読んだものは対象外です。)

・ 第1位 「イリアス」「オデュッセイア」 ホメロス (岩波文庫)

  この二つはセットです。人類の古典、人類の宝です。文句なく第1位。
  これを読んでいる間、頭は古代ギリシア世界にトリップしていました。

 「イリアス」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-04-11
       → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-04-17

 「オデュッセイア」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-05-14
          → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-05-17

・ 第2位 「ギリシア悲劇 エウリピデス(上・下)」 (ちくま文庫)

  「メディア」「ヘカベ」「イピゲネイア」「エレクトラ」・・・
  強烈な女たちを描かせたら、エウリピデスはピカイチでした。

  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-06-01
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-06-04
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-06-06
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-06-13

・ 第3位 「プルタルコス英雄伝」 (ちくま学芸文庫)

  テミストクレス、アルキビアデス、アレクサンドロス、そしてカエサル!
  古代ギリシア・ローマの男たちのドラマがいっぱい詰まっていました。

  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-09-27

・ 第4位 「史記」 司馬遷 (ちくま学芸文庫)

  数多くの英雄たちのドラマが、これでもかこれでもかと登場します。
  これを読んでいる間、頭は古代中国世界にトリップしていました。

  「本記」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-11-18
  「列伝1」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-11-27
  「列伝2」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-12-09

・ 第5位 「ガラスの鍵」 ハメット (古典新訳文庫)

  読み始めたら、なかなか本が置けなくなりました。傑作です。
  主人公の小悪党ボーモントが、とてもクールで魅力的でした。

  「ガラスの鍵」→ http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-10-06


◎ ほか、次の5点がベスト5入りの候補でした。
  順位はつけませんでしたが、これらが今年トップ10入りの作品です。

  どの本も、できればベスト5に入れたかった!
  しかし、ベスト5の中で外していい作品はひとつもなかったのです。

・ 「楽園のカンヴァス」 原田マハ (新潮文庫)
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-1-14

・ 「夜のピクニック」 恩田陸 (新潮文庫)
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-07-17

・ 「歴史」 トゥキュディデス (ちくま学芸文庫)
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-08-01
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-08-04

・ 「年代記」 タキトゥス (岩波文庫)
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-12-13

・ 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 村上春樹 (文春文庫)
  → http://ike-pyon.blog.so-net.ne.jp/2016-06-22


◎ 続いて、登場人物ベスト5です。
  今年読んだ本の登場人物のうち、最も印象的だった7人を選びました。

・ 第1位 ルソー
  「楽園のカンヴァス」に出てきた、画家のルソーです。
  私はこの作品を読んでいる間、ルソーに会うのが楽しみで楽しみで・・・

・ 第2位 アルキビアデス
  「プルタルコス英雄伝」「歴史」「ソクラテスの思い出」に登場しました。
  今年の8月から9月にかけては、アルキビアデスのマイ・ブームでした。

・ 第3位 アキレウスとオデュッセイア
  この二人はセット。ホメロスの叙事詩で、圧倒的な存在感を示しました。

・ 第4位 項羽と劉邦
  この二人もセット。「史記」で圧倒的な存在感を示しました。

・ 第5位 ボーモント
  「ガラスの鍵」の主人公です。今年一番カッコ良かった男です。


◎ さいごに。(娘は絶好調)

 冬休みに入って、娘は絶好調です。テンションが、高い高い。
 うるさくてどうしようもない。ま、不機嫌でいられるよりはいいのですが。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。