So-net無料ブログ作成

2016年12月発売の気になる文庫本 [来月発売の気になる文庫本]

 2016年12月発売予定の文庫本で、気になるものを独断で紹介します。
 データは、出版社等のHPやメールマガジンを参考にしています。

 アマゾン本の「詳細検索」でその月の出版予定の本が分かります。
 「出版年月」を「2016年12月のみ」と指定すると、以下の3冊も出ます。


◎ 文春文庫(12/1)から、次の1点。

・「名画と読むイエス・キリストの物語」 中野京子
 → 2012年に単行本で出て評価が高かった本。絵がカラーなら買い。


名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫 な)

名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫 な)

  • 作者: 中野 京子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/12/01
  • メディア: 文庫




◎ 講談社文庫(12/15)から、次の1点。

・「青い鳥」 メーテルリンク作 江國香織訳
 → 2013年の絵本の文庫化。訳は江國香織! カラーの絵入りなら買い。


青い鳥 (講談社文庫)

青い鳥 (講談社文庫)

  • 作者: モーリス・メーテルリンク
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/15
  • メディア: 文庫




◎  角川ソフィア文庫(12/22)から、次の1点。

・「平治物語 現代語訳付き」
 → 姉妹編の「保元物語」が9月に出ている。セットで読みたい。買い。


平治物語 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

平治物語 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

  • 作者: 日下 力
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: 文庫




◎ おまけ1。(岩波文庫11月の復刊)

 岩波文庫の「ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯」が復刊されました。
 16世紀のスペインで出た、悪漢小説の傑作です。

 この機会を逃したら、しばらくの間は買えなくなってしまうでしょう。
 ただし、キンドルでは0円。キンドルは、こういう古い名作に強い。

 ところで、「アエネーイス」は今年中には復刊されそうにありません。
 が、そのうちキンドルで0円で出るのではないかと見込んでいます。

 又は、2013年に出た新訳が、5年以内に文庫化されると考えています。
 どこの出版社が出すかと勝手に推測して、今から楽しみにしています。


◎ おまけ2。(海外ドラマ「戦争と平和」再放送決定!)

 10月から11月にNHKが放送した「戦争と平和」は、すばらしかった!
 イギリスで、時間とお金をかけて、とても丁寧に作られたドラマです。

 その「戦争と平和」(全8回)が、年末に集中的に再放送されます。
 再放送の予定は、以下の通りです。

 前半(第1回~第5回)が、12月25日0時15分~3時59分。
 後半(第6回~第8回)が、12月26日0時05分~2時18分。

 こういうドラマの放送は、NHKにしかできないことだと思います。
 再放送が決まって、本当にうれしいです。絶対オススメです 。

 ぜひ多くの人に見て欲しいです。たぶん私もまた見てしまうでしょう。
 ただし、これを見ると、民放のドラマがアホらしくなってしまいます。


◎ さいごに。(紅白にヒッキー登場)

 紅白歌合戦に宇多田ヒカルが生出演するという。久々に見てみたいです。
 ただし今年の紅白も、4時間半にわたってだらだらと放送されるらしい。

 私が見たいのはヒッキーだけ。録画してヒッキーだけ見ようか。
 しかし、それでは「生歌唱」の味わいが無くなってしまうし・・・


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。