So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年9月発売の気になる文庫本 [来月発売の気になる文庫本]

 2016年9月発売予定の文庫本で、気になるものを独断で紹介します。
 データは、出版社等のHPやメールマガジンを参考にしています。


◎ 新潮文庫(9/1)から、「村上柴田翻訳堂」シリーズの2点。

・「 アリバイ・アイク ―ラードナー傑作選―」 リング・ラードナー
 → ヘミングウェイやフィッツジェラルドに影響を与えた。とても気になる。

・「救い出される」 ジェイムズ・ディッキー
 → 山の無法者との戦いを描いたベストセラー小説。少しだけ気になる。


◎ ちくま学芸文庫(9/7)から、次の1点。

・「エジプト神話集成」 杉勇
 → 「シュメール神話集成」の姉妹版。買いたいが、2052円なので買えない。


◎ 光文社古典新訳文庫(9/8)から、次の2点。

・「ゴリオ爺さん」 バルザック
 → バルザックの名作。新潮文庫の平岡訳と読み比べたい。訳が気になる。

・「脂肪の塊/ロンドリ姉妹」 モーパッサン
 → 「脂肪の塊」は様々な訳がある。読み比べたい。他の収録作が気になる。


◎ 岩波文庫(9/16)から、次の1点。

・「旅愁(上)」 横光利一
 → 上巻は1253円。下巻の値段が気になる。私は講談社文芸文庫で買った。


◎ 立東舎文庫(9/20)から、次の1点。

・「生きているジャズ史」 油井正一
 → ジャズ好きにはたまらない本。絶版になっていた。復刊歓迎。買い。


◎ おまけ1。(ポプラ社ジュニア文学名作選)

 りんごあめさんが、ポプラ社ジュニア文学名作選について書いていました。
 りんごあめさん → http://ringo-books.blog.so-net.ne.jp/2016-08-28

 全50冊のタイトルを見て、1970年代のポプラ社の志の高さに驚きました。
 ジュニア(中学生ぐらい?)向けに、このような作品を用意していたとは!

 「こころ」「雁」「斜陽」「生まれ出づる悩み」「出家とその弟子」・・・
 「車輪の下」「大地」「狭き門」、極めつけは「若きウェルテルの悩み」!

 中学生に「ゲーテを読め」って、すごいですね。
 なんだか、とてもうれしくなってしまいます。


◎ おまけ2。(あれもこれも買ってない)

 本を読んでいると、それに関連したほかの本を、次から次に読みたくなります。
 そこで、ふと気付くと、本来読みたかった本が、全然読めていないのです。

 たとえば、「ロレンザッチョ」。「迷わず買い」のはずが、まだ買ってません。
 それから、「ジャングルブック」。映画上映前に読むつもりが、買ってません。

 極めつけは、5月に出たユゴーの「ノートル=ダム・ド・パリ」です。
 「買い忘れたら、私はアホだ。」と言っておきながら、買い忘れていました。
 (だから私はアホ)

 以上の3冊は最優先するべき本でした。ほかにも、買っていない本が多いです。
 買いに行ったら絶版になっていた、ということがないように、早く買わなくては。


◎ さいごに。(美ヶ原)

 家族旅行2日目は、美ヶ原を歩きました。
 天気予報は悪かったものの、午前中はわりと良い天気に恵まれました。

 ただし、北アルプスの稜線は厚い雲に隠されていて、展望はイマイチでした。
 それでも、さわやかな風の中、家族3人でのんびり楽しく散策できました。

DSCF2347-2.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。