So-net無料ブログ作成

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [日本の現代文学]

 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 村上春樹 (文春文庫)


 理由も告げられず絶縁された青年が、16年ぶりに仲間たちに会いに行く物語です。
 村上春樹の13作目の長編小説で、2013年に話題となったベストセラー小説です。

 2015年12月に、文春文庫から出ました。カバーイラストがおしゃれです。
 「来月発売の気になる文庫本」で取り上げるのを、なぜか忘れていました。


色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 文庫



 多崎つくると、アカ、アオ、クロ、シロは、かつて完璧な調和を保っていました。
 男3人、女2人のこの仲間は、お互いがお互いを必要として結びついていました。

 ところが多崎つくるは、大学2年の時、突然4人から一方的に絶縁されたのです。
 なぜこんなことがあったのか? いったい何があったのか?

 ショックのあまりその理由さえ聞き出せず、つくるは死の淵をさまよいました。
 それから16年が過ぎて、36歳になったつくるは、駅を作る仕事についていました。

 そして恋人の沙羅のすすめで、つくるはかつての仲間を訪れる決心をしました。
 これまでの封印を解いて、つくるの巡礼が始まりました・・・

 深夜の書店に行列ができたり、全米1位に輝いたり、関係のCDが売り切れたり。
 何かと話題になった作品ですが、私は文庫化されるのを待ってようやく読みました。

 もちろん、すばらしい作品だと思います。文体もいいし、ストーリーも面白い。
 しかし、読み終わった後に、たくさん謎が残されて、スッキリしないのです。

 特に、灰田青年。彼は何だったのでしょう? あっけなく消えてしまって。
 彼の話す灰田の父の話は、物語の重要な要素だと思っていたのですが・・・

 シロの事件の謎や、つくるの受難の謎が、灰田の再登場によって、いっきに解決さ
 れるのではないかと、想像しながら読んでいたので、肩透かしを食った気分です。

 灰田については疑問を持った人が多く、ネット上でも色々とコメントされています。
 しかし、私はぜひ作者に、灰田を主人公にした番外編を書いてほしいです。

 アマゾンのレビューで★1つが多いのも、解釈がはっきりしないからだと思います。
 既にいくつかの解説本が出ていますが、やはり村上春樹自身の解釈を知りたいです。

 ところで、この物語を読んで、初めてリストの「巡礼の年」を聞きました。
 ラザール・ベルマンの演奏は、すばらしかったです。間違いなく名盤だと思います。

 さいごに。(おしりペンごっこ)

 おしりペンごっことは、相手のお尻を先に10回たたいた方が勝ちという遊びです。
 娘が小さい時に、うちでよくおこなった遊びです。

 さて、10歳になった娘と、久しぶりにやってみたら、お尻が痛い痛い。
 こちらは手加減してたたくのに、娘は思いっきりひっぱたくのでとても痛いです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。