So-net無料ブログ作成

マルタの鷹 [20世紀アメリカ文学]

 「マルタの鷹」 ダシール・ハメット作 小鷹信光訳 (ハヤカワ文庫)


 私立探偵サム・スペードを中心に、謎の黒い鷹の彫像を巡る傑作長編です。
 ハンフリー・ボガード主演の同名映画も、傑作として名高いです。

 ハヤカワミステリ文庫から、小鷹氏の名訳で「改訳決定版」が出ています。
 私が読んだのは、小高訳の旧版です。


マルタの鷹〔改訳決定版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

マルタの鷹〔改訳決定版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: ダシール ハメット
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/09/07
  • メディア: 文庫



 私立探偵サム・スペードの事務所に、美しい女の依頼人がやってきました。
 依頼を受けてスペードの相棒は、その妹と駆け落ちした男を尾行しました。

 ところが相棒は撃ち殺され、尾行の相手も何者かによって射殺されました。
 二つの殺人の嫌疑は 、スペードに向けられます。

 その後スペードのもとに、カイロと名乗る男が訪問し・・・
 さらに、ガットマンなる男も接触してきて・・・

 そして、女依頼人は、実は・・・
 彼らの狙いは、謎の黒い鷹の彫像にあって・・・

 私の中でサム・スペードは、ハンフリー・ボガードです。
 この映画を見たのは20年ほど前で、ボギーのカッコよさにしびれました。

 実際、この物語の魅力は、主役のサム・スペードによるものです。
 スペイドの魅力(?)を、モームが述べた文章がとても良いです。

 「彼は破廉恥な悪党であり、冷酷なペテン師である。彼自身犯罪人にも
 等しいところがあるために、彼と彼の扱う犯罪人とは、ほとんど区別が
 つき かねる。まったくけがらわしい代物だが、みごとに描かれている。」
 (「世界文学鑑賞辞典・第一巻」佐藤和夫氏の文章から)

 私がこの小説を読んだのは、10年ほど前のことで、当時入院していました。
 淡々とした語り口と、スパスパと切り替わる場面が、とても印象的でした。

 しかし、最も強い印象を残したのは、「フリットクラフトの寓話」です。
 何不自由なく暮らしていた男が、ある時すべてを捨てて失踪してしまう・・・

 「人生なんてものは、落ちてくる鉄梁によって、無差別に終止符を打たれて
 しまうものだ。」(P100)

 突然大きな病気が見つかって、数日後に手術を控えていた私に、
 「死は突然にやってくる」という言葉が、強烈に響きました。

 ところでこの挿話は、実際にハメットが関わった事件をもとにしているという。
 映画ではカットされたこの挿話に、重要な意味を見出そうとする人は多い。

 さて、私は現在出ている「改訳決定版」を、旧版の復刊だと思っていました。
 しかし、訳者が丁寧に訳を見直したものだそうです。これは手に入れなければ。

 さいごに。(ユルブリンナー)

 職場で同僚に、「ユルブリンナーに似てるね」と言われました。
 ハンフリー・ボガードのような男になりたいと思っていたのですが。(笑)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。