So-net無料ブログ作成

好色五人女 [日本の古典文学]

 「好色五人女」 井原西鶴作 吉行淳之介訳 (河出文庫)


 当時の話題の事件をもとに描かれた、恋に命をかける五人の女の物語です。
 「好色一代男」の2年後に書かれ、西鶴の代表作の一つとなった作品です。

 角川ソフィア文庫版は、原文と訳が付いていいます。
 河出文庫版は、吉行淳之介の訳で、とても分かりやすかったです。


新版 好色五人女 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

新版 好色五人女 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

  • 作者: 文庫
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: 文庫



現代語訳 好色五人女 (河出文庫)

現代語訳 好色五人女 (河出文庫)

  • 作者: 井原 西鶴
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 文庫



 「好色五人女」は短編集で、物語の一つ一つは短く、少し物足りないです。
 物語が佳境に入った途端、あっけなく終わってしまう作品もありました。

 その中で、最も印象的だったのが、最後を飾る「おまん源五兵衛物語」。
 衆道に迷う男を、おまんはいかにして振り向かせるか・・・

 この本には、ほかに「好色一代女」も収録されています。
 「好色一代女」は、「好色一代男」同様、ある人物の性の一代記です。

 恋に悩む二人の男が、人里はなれた山の中を歩いていました。
 山の奥には静かな住居がありました。その名も「好色庵」!

 その住人で、品のよい老女がこそ、好色一代女です。
 二人の男を前に、自分の恋多き人生を語りだします。

 姫君として生まれながら、転落していく過程で、様々な職に就きました。
 太夫、天神、囲い女郎、見せ女郎、遊女、奉公人、茶屋女、風呂女・・・

 そして、あらゆる階層の男(時に女)たちと交わります。
 私的には、終盤の老いてからの話が、とても面白かったです。

 この作品を読み通すと、江戸の性風俗のちょっとした通になれます。
 ところで、「好色一代男」と「好色一代女」は、対になっています。

 「一代男」は女を買いまくりました。「一代女」は身を売りまくります。
 「一代男」は好色丸で船出しました。「一代女」は好色庵に隠居します。

 そして「一代男」も「一代女」も、一代限りの人生。子孫は残しません。
 ぜひ両方セットで読んでおきたい作品です。

 さいごに。(梅)

 梅を見に行きました。きれいに咲いていました。
CA3K0016-2.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。