So-net無料ブログ作成

トリスタン・イズー物語 [19世紀フランス文学]

 「トリスタン・イズー物語」 ベディエ作 佐藤輝夫訳 (岩波文庫)


 愛の媚薬によって激しい恋に落ちた、王の甥トリスタンと王妃イズーの悲劇です。
 ケルト神話のトリスタン伝説を、フランスのベディエが編集したものです。

 現在、岩波文庫で読むことができます。
 初版は1953年ですが、訳は易しくて、読みやすいです。


トリスタン・イズー物語 (岩波文庫)

トリスタン・イズー物語 (岩波文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1985/04/16
  • メディア: 文庫



 王と結婚するはずの、黄金の髪の美女を求めて、王の甥トリスタンは船出しました。
 アイルランドで毒竜を倒したトリスタンは、黄金の髪の王女イズーを手に入れました。

 イズーを連れて自国に向かう船中で、二人は誤って、愛の媚薬を飲んでしまいました。
 途端に恍惚となり、激しく愛し合うようになったトリスタンとイズー。

 もちろん、それは禁断の恋。王に対する反逆です。
 しかし、二人の恋は燃え上がり、とどまることを知りません。

 密会、陰謀、追放、放浪、友情、そして、死…
 劇的な展開。読んでいてまったく飽きません。

 「トリスタンとイズー」といったら、連想するのは「愛の媚薬」でしょう。
 しかし、読み返してみると、「愛の媚薬」は、単なるひとつのきっかけにすぎなかった。

 媚薬を飲む前から、二人は惹かれ合っていたのです。
 媚薬を飲まなくても、いずれ二人は、禁断の愛にのめりこんでいったでしょう。

 さて、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」は、この伝説を題材にしています。
 当時のワーグナーの事情を思い浮かべると、実に興味深い。


ロオエングリイン・トリスタンとイゾルデ (岩波文庫 赤421-1)

ロオエングリイン・トリスタンとイゾルデ (岩波文庫 赤421-1)

  • 作者: ワアグナア
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1953/12/25
  • メディア: 単行本



 ワーグナーは、自分を支援してくれた親友を裏切り、その妻と交渉を持ちました。
 親友の妻というのが、作曲家リストの娘コジマ。

 のちに二人の間には、女の子が生れて、「イゾルデ」と名付けられました。
 二人が結婚したのは、それよりのち、ワーグナーの妻が病死したあとでした。

 「トリスタンとイゾルデ」は、愛の賛歌だと言われることがあります。
 社会的な通念よりも愛を優先させた、ワーグナーの思いが伝わってきます。

 ところでトリスタンは、アーサー王の円卓の騎士のひとりだそうです。
 ブルフィンチの「中世騎士物語」も、この機会に読んでみたいです。


中世騎士物語 (岩波文庫)

中世騎士物語 (岩波文庫)

  • 作者: ブルフィンチ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1980/02
  • メディア: 文庫



 さいごに。(小学1年生)

 娘が小学校に入りました。
 6時に朝食を食べて、7時に家を出ています。

 近所の3年生のお姉さんが、家まで迎えに来てくれるので安心です。
 登校初日は、出発する娘の元気な姿を、写真におさめました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。