So-net無料ブログ作成
検索選択

夜は短し歩けよ乙女 [日本の現代文学]

 「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦 (角川文庫)


 大学の後輩「黒髪の乙女」に、思いを寄せる「先輩」の、幻想的な恋愛小説です。
 2007年の本屋大賞で、堂々2位に選ばれた作品です。

 現在、角川文庫から出ています。
 カバーイラストが、作品の内容と雰囲気を、とてもよく伝えています。


夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

  • 作者: 森見 登美彦
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/12/25
  • メディア: 文庫



 全4章の、連作の形態をとっています。
 その第1章が、本書のタイトルになった「夜は短し歩けよ乙女」です。

 正直に言うと、第1章を読んだ時点で、「なんじゃ、こりゃ?」と思いました。
 ストーリーは、はちゃめちゃ。登場人物は、奇人変人。
 人が宙を飛んだり、鯉が空から降ってきたり。

 酔っ払いのバカバカしいホラ話を、無理に聞かされている感じです。
 現実と幻想が、ごちゃ混ぜ。ついていけない、と思いました。

 しかし、ここで投げ出さなくて、本当に良かった。
 このはちゃめちゃさが、不思議と、しだいに心地良くなっていくのです。

 特に、第3章の学園祭の話は傑作です。
 「パンツ総番長」、サイコー!

 第4章に入る頃には、すっかり森見ワールドに、はまっていました。
 ラストでは乙女も先輩も空を飛ぶ。このでたらめさは、本当にすばらしい。

 さて、この作品の魅力の大きな部分を、「黒髪の乙女」が占めています。
 「おともだちパンチ」とか「二足歩行ロボット」とか、ちょっと真似したくなります。
 (本当に真似したら、バカ。)

 また、語り手の「先輩」も、良い味を出しています。
 「諸君、異論があるか。あればことごとく却下だ。」(P124)は、名言です。

 この作品は、「そんなバカな!」と思う展開ばかり。
 そう思うたびに、この名言がよみがえってきました。

 蛇足ですが、最後に進々堂が出てきたのも、私的には嬉しかったです。
 また私は、京都カフェ巡りをしたくなりました。(彼らは京大生だったのですね。)

 ところで、この本を私が知ったのは、もう5年以上前のこと。
 2007年の本屋大賞で、堂々2位に入った時です。

 その時の1位は佐藤多佳子の陸上青春小説「一瞬の風になれ」全3巻。
 すばらしい作品で、私は文庫化されるのを待たず、図書館で借りて読みました。

 (これは私にとってルール違反。あとにも先にも、ルール違反はこれ一度きり。
 このルール違反がたたって、未だに「一瞬の風になれ」の文庫を持っていない。)


一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)

  • 作者: 佐藤 多佳子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/07/15
  • メディア: 文庫



 で、「一瞬の風になれ」に迫る得点を獲得したのが、「夜は短し…」でした。
 当時からヘンテコな小説として名高かったので、私はスルーしてきたのでした。
 今回読んでみて、評判どおりのヘンテコさに、感服いたしました。

 2007年本屋大賞の6位に食い込んでいるのが、万城目学の「鴨川ホルモー」。
 こちらも京都もので、しかもかなりヘンテコな小説です。


鴨川ホルモー (角川文庫)

鴨川ホルモー (角川文庫)

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/02/25
  • メディア: 文庫



 さいごに。(大学時代の恩師の退官記念)

 先日、大学時代の陸上部監督の、退官記念パーティーが行われました。
 私の陸上仲間(すでに中年)も、全国から集まりました。

 彼らに、「陸上を続けるにあたって最も気にかけていること」を尋ねると、
 その答えは、「けがをしないこと」でもなく、「練習時間の確保」でもなく、
 「奥さんのご機嫌」でした。なるほど、納得!

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 2

ちぐすけ

森見ワールドは、読み始めて「コレダメっ」と思うか、変だけと惹かれると思うか紙一重な感じですよね。
その中でも「有頂天家族」は変テコさではピカイチかと思います。
天狗は出てくるし、宝塚好きなタヌキは出てくるし。
でも、京都の街では起こり得る感じがしちゃうのです。

鴨川ホルモーも、変テコ度合いではいい感じですね~。
祇園祭もコレを読んで出かけると、趣があります。なワケないか(^^ゞ
万城目学は「鹿男あおによし」を読むと、奈良の鹿に話しかけられそうな気になるし。
これ、中学校の夏の課題図書になっていたのだから驚きです(@_@)

by ちぐすけ (2013-03-08 23:23) 

ike-pyon

「有頂天家族」、面白そうですね。
「鹿男」が、課題図書ですか。ほんとに、驚きです。
by ike-pyon (2013-03-09 04:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。