So-net無料ブログ作成
検索選択

ギリシア神話を知っていますか [古代文学]

 「ギリシア神話を知っていますか」 阿刀田高 (新潮文庫)


 西洋の小説を読む時、ギリシア神話を知っていると、理解がいっそう深まります。
 言うまでも無く、ギリシア神話は、聖書とともに、西洋文化の源泉です。

 では、はじめに何を読んだらいいのか。
 私は阿刀田高の「ギリシア神話を知っていますか」をオススメします。
 現在、新潮文庫から出ています。

ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)

ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1984/02
  • メディア: 文庫


 私の本の奥付を見ると、「昭和61年」とあります。1986年です。
 大学1年の時です。学生協の図書スペースで買ったような記憶があります。

 ギリシア神話など全く知らなかった時に読んで、とても面白く感じました。
 それ以来、何度か読み返しているので、私の本のカバーはもうボロボロです。

 この本は入門書として最適です。阿刀田氏が、優しい語り口で語ってくれます。
 複雑なギリシア神話を、整理して、筋がよく分かるようにしてくれています。
 時々、うんちくを傾けて、時代背景を説明してくれるので、理解が深まります。

 Ⅴ章のオイディプス王の悲劇、Ⅵ章のオルペウスの黄泉訪問は、有名です。
 しかし、私が気に入っているのは、Ⅶ章「アリアドネの糸」です。

 これは、クレタ島の迷宮で、英雄テセウスが、怪物ミノタウロスを倒す物語です。
 もちろん、アリアドネの悲恋が加わって、切ない余韻を残しています。
 さらに、発明王ダイダロスや、その息子イカロスの悲劇も関わっています。

 さまざまなエピソードが有機的につながっていて、とても興味深い物語です。
 当時私は、「ギリシア神話はなんと面白くて奥が深いのか」と思ったものです。

 トロイ戦争にまつわる物語も多いです。トロイ戦争は、エピソードの宝庫です。
 一緒に阿刀田氏の「ホメロスを楽しむために」を読めればいいのですが。
 (この本、現在品切れ中です。私は東京遠征の時、偶然手に入れました。)

 蛇足ですが、「ギリシア神話を知っていますか」を、古代文学に分類しました。
 ギリシア神話の魅力を伝えている本なので、そうしました。
 「それは解説本だろ」「阿刀田高の作品だろ」と突っ込まないでくださいね。

 また、阿刀田高氏は、聖書の内容を紹介した同類の本を出しています。
 「旧約聖書を知っていますか」と「新約聖書を知っていますか」です。
 どちらも、オススメです。もちろん、こちらは現在、手に入ります。

旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)

旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1994/12
  • メディア: 文庫



新約聖書を知っていますか (新潮文庫)

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1996/11
  • メディア: 文庫


 さいごに。

 最近うちの娘は、私のまねをして、私にクイズを出すのです。
 昨夜お風呂で出された問題は、「お花はどうして咲くのか?」というもの。
 「1、土があるから。2、はっぱがあるから。」と、選択肢まであります。

 決して、「分からない」とか「答えがない」とか言ってはいけません。
 そんなことをしたら、もうクイズを出してくれなくなります。

 娘に合わせて、「2の、はっぱがあるから。」と言ってやりました。
 「はずれ。答えは、お花が咲きたくなるから。」
 平気で、選択肢に無い答えを言いますが、突っ込んではいけません。

 「パパは、知らなかったよ。」と言うと、喜んでまた出題してくれます。
 そうして時々気が向くと、「あたり。」と言ってくれるのです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。